国体に合わせ

26 の用例 (0.00 秒)
  • 翌1965年に開催予定だった第20回岐阜国体に合わせて整備された運動公園内に建設された。
  • 主に徳島市では、1953年に開催された四国国体に合わせて道路が整備されたことから、国体道路と呼称される。
  • 当初は平成22年度の完成予定であったが、ぎふ清流国体に合わせて平成24年9月の予定で工事が行われた。
  • 静岡国体に合わせて改築された駅舎であった。
  • 現在の国民体育大会においては開会式の都道府県旗掲揚に際して開催地の都道府県民歌を演奏するのが通例であるが、初の大阪府単独開催となったなみはや国体に合わせて正式な府民歌でなく候補としての扱いで制作されたのが本曲である。
  • 起点からテクノパーク入口交差点までは1998年のかながわ・ゆめ国体に合わせて整備がなされた。
  • これを機に駅舎は1964年に開催される新潟春季国体に合わせ、地上4階建・一部6階建に増築されることとなり、改築工事は1963年に竣工した。
  • 既に市内では、国体に合わせて1963年に竣工した新潟市営鳥屋野野球場の供用を開始しており、老朽化した白山球場は廃止しても支障が無いというのが大きな理由であった。
  • 国体に合わせ松本駅の新築ややまびこ道路の新設、駅前の区画整理などのインフラ整備が行われた。
  • その後、1963年に県成立90周年を記念し、また同年開催の山口国体に合わせて9月3日に新しい「山口県民の歌」が制定された。
  • 市内の駅は三雲駅、甲西駅、石部駅だが、このうち甲西駅は1981年のびわこ国体に合わせて設置された請願駅である。
  • 歌唱は1965年の岐阜国体に合わせて収録された友竹正則と中野慶子によるものが有名であるが、2000年代には県の普及活動により県立高校の在校生や岐阜県交響楽団の演奏で新録が行われている。
  • その後、1960年に開催される熊本国体に合わせて新しい県民歌を制作することになり、国体実行委員会の依頼で新しい「熊本県民の歌」が1959年11月5日に制定された。
  • 翌1949年に発売されたSPレコードの歌唱者は藤山一郎で、1970年には立川澄人が歌唱するカバーが翌1971年開催の黒潮国体に合わせて発表されている。
  • しかし、熊谷館林線が主要地方道であるのに対し、熊谷羽生線は一般県道であるため、彩の国まごころ国体に合わせ、道路整備を行った際、埼玉県設置の案内板上の矢印は「83」のマークが付されている。
  • 現在メモリアルセンターがある岐阜市長良福光にはかつて1965年に開催された第20回岐阜国体に合わせ、岐阜県営グラウンドとして岐阜県営野球場などのスポーツ施設が整備され、また数百m離れたところには岐阜刑務所があった。
  • 当園は、仙台空襲で被災した仙台育英中学校外記丁校舎所在地などに戦後の戦災復興事業の一環として計画され、東北3県国体に合わせて先に仙台市レジャーセンターを設置し、同校移転後、都市公園法の公布と同時に開園した。
  • 南紀田辺IC-すさみIC間は新直轄方式で建設されており、2015年9月下旬に開催される紀の国わかやま国体に合わせて開通を予定している。
  • 南紀田辺インターチェンジ-当インターチェンジ間は、新直轄方式で建設されており、2015年9月下旬に開催される紀の国わかやま国体に合わせて開通を予定している。
  • 当ICを含む南紀田辺インターチェンジ-すさみインターチェンジ間は新直轄方式で建設されており、2015年9月下旬に開催される紀の国わかやま国体に合わせて開通を予定している。
  • 次へ »

国体に合わせ の使われ方