国体で優勝

32 の用例 (0.00 秒)
  • 国体で優勝するなど、鎌倉高校の1980年代のサッカー黄金時代を支えた。
  • 在学中は2年次にインターハイ、国体で優勝、春高バレーで準優勝した。
  • また、安城学園高等学校も1958年の富山国体で優勝するなどした。
  • 高校2年次にはインターハイ、国体で優勝、春高バレーで準優勝した。
  • 高校時代には国体で優勝しており、中央大学ではボクシング部の主将を務めた。
  • 高校3年の2002年にジュニア選手権に出場、高知国体で優勝している。
  • 観音寺一高時代は、国体で優勝し、5メートル21の日本高校新記録を残した。
  • 穴吹高校時代から全国高校グレコ選手権、JOC杯、国体で優勝し注目される。
  • 国体で優勝したこともある。
  • 三沢は3年の時に国体で優勝するなど活躍したが、本人にとってアマチュアレスリングはプロレスラーになるための手段に過ぎず、競技自体を好きになることはなかった。
  • 高校2年次にはインターハイ、国体で優勝、春高バレーで準優勝などの輝かしい結果を残した。
  • おおいた国体で優勝したが、北京オリンピックという目標が消えたことを理由にプロ転向を決め、大学を2年途中で中退した。
  • その後、1979年の宮崎国体で優勝し、チーム初の日本一に輝く。
  • そして3年の青森国体で優勝を経験した。
  • 日本石油に就職後陸上に転向し、わずか8カ月で1983年の日本陸上競技選手権大会とあかぎ国体で優勝している。
  • 部活動では、全国大会や国体で優勝・準優勝したラグビー部をはじめ、陸上部、水泳部、バドミントン部等が活発である。
  • インターハイ・国体で優勝に輝き、全日本ジュニアにも選ばれた。
  • 戦前の1928年には前身の松本商業学校が夏の選手権で優勝しており、1985年に明治神宮大会、1991年に国体で優勝しているが、戦後の甲子園では、1991年の春の選抜準優勝が最高の成績である。
  • インターハイには出られなかったが、1968年、高校3年生で出場した国体で優勝すると、明治大学の柔道部監督をしていた神永昭夫から、同大学を受けるように言われる。
  • 昭和25年に全日本実業団選手権、及び国体で優勝、昭和27年の第1回全日本都市対抗選抜優勝大会で倉敷市代表として出場し初代優勝チームとなった。
  • 次へ »

国体で優勝 の使われ方