国体

全て 名詞
2,649 の用例 (0.01 秒)
  • また日本はこの問題について日本の国体論を非常に慎重に意識していた。
  • だが律令後も日本では国体の中心部にその血統の働きが強く残っていた。 半村良『闇の中の系図』より引用
  • 高校時代に国体、選手権と4度も全国大会に出場したが全国優勝はなし。
  • しかし秋田県代表として出場したわか杉国体では記録が伸びず予選落ち。
  • しかし大半の高校では、この大会または国体を最後に3年生が引退する。
  • 国体や国民性の美醜にも言葉や教科書の文句では現わし難いものがある。 寺田寅彦『破片』より引用
  • 日本において国体論争と呼ばれるものには以下のようなものがあった。
  • しかしこと国体に関係するように持って行かれれば絶対に負けである。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 公民館の横には国体でも誘致できるような総合運動場を造りたいという。 松本清張『迷走地図(上)』より引用
  • 大分舞鶴高等学校時代はカヌー部で活躍し、国体に出場した経験も持つ。
  • 高校時代には千葉県国体代表、大学時代には東京都大学選抜に選出された。
  • 「国体」の語を用いた国家論が本格的に始まるのは、水戸学以降である。
  • 外国には政体があつて国体がないからしばしば主権者がかはるのである。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 3 20070907』より引用
  • 実に当時の政論家は国体論または忠君論を禁物となしたるありさまなり。 陸羯南『近時政論考』より引用
  • 当時ステータスの高かった国体に出場できたことは大変な栄誉であった。
  • かつて石川県で国体が開催されたときにバドミントン会場として建設された。
  • きっとこの時のタイムを取ってくれたら、国体にだって出場できただろう。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • とくにその『国体論』は有名なので、まず北の国体観から見てゆきたい。 豊田穣『革命家・北一輝』より引用
  • よってソ連は、わが国体と赤とは絶対に相容れざるものとは考えざらん。
  • 新潟国体とは新潟県を主会場として開催される国民体育大会である。
  • 次へ »