国の利害

28 の用例 (0.00 秒)
  • どうせ君はどこの国にも仕えないだろうから、国の利害に関係のない公平な意見が聞けるだろうとね。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • それに、同盟国の利害は、微妙に対立しているのだ。 加瀬俊一『ナポレオン その情熱的生涯』より引用
  • たといその害のちいさいものでも直接たちどころに一国の利害休戚きゅうせきに関係します。 与謝野晶子『選挙に対する婦人の希望』より引用
  • 他の2カ国に関しては長距離便が少なくなったわけで、それぞれの国の利害に比べてもハブ機能を優先させたことになる。 谷川一巳『世界の「空港」物語』より引用
  • しかし、今日ほど日独伊三国の利害が共通していることは古今を通じてまれなのでこの三国が結合することは自然の勢いで、本条約は国策として当を得たものと思う。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 各陣営とも構成国の利害損得が完全に一致していたわけではなく、個別の政策や外交関係では協力しないこともあったなど、イデオロギーを概念とした包括的な同盟・協力関係である。
  • トルクメニスタン政府は特にエネルギー問題に関しては、他国から譲歩を引き出すための手段として貿易相手国の利害関係を利用しようとする事が多い。
  • 多数の国家を流れる河川では、水をめぐって上流に位置する国と下流に位置する国の利害が対立するため、ダムの建設や取水を巡って争われる例も多い。
  • 米ソ両国ともお互いの同盟国の利害に対する配慮なくしては自陣営の安定を確立することは不可能であったし、また冷戦初期からいずれの同盟国になることも拒絶して中立主義を採る国も存在した。
  • 政務に通暁しており、「国の利害知りて奏せざることなし」 といわれた賢明で良心的な政治家であった。
  • なぜならば、彼の守備している任地の陸口りっこうは、魏、蜀、呉三国の利害が交叉している重要な地域だ。 吉川英治『三国志』より引用
  • しかし、ドイツ軍の武力を必要とするウクライナとウクライナの穀物を必要とする中央同盟国の利害はまったく一致しており、ロシアの介入する余地はなかった。
  • 具体的には、地方公共団体の事務を行うために要する経費は当該団体が全額負担することを原則としつつ、国の利害に関係する事務に要する経費として同法中具体的に列挙した事務に要する経費について、その全部または一部を国が負担することを定める。
  • 国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律は、国に利害関係のある訴訟について、法務大臣が国を代表することなどを定める日本の法律である。
  • しかし、複雑な宗教・民族構成を反映して、少数派が政治上の諸権利および石油等の利権を要求し、イラク国民としてのアイデンティティが形成されないなか、アメリカなど占領国の利害もからみ、アメリカ的民主主義への反発などから抗争が続いている。
  • サッダームは、イラン・イラク戦争が忘れられた戦争にならないように、戦争の停戦と先進国の利害を直接結びつけようとした。
  • さらには、有名な例外といえるトランシルヴァニアの支配者ステファン・バートリを除けば、外国出身の国王はすべて自国あるいは出身家門の利害に共和国の利害関心を従属させようとする傾向があった。
  • 為替相場は、必ずしも適正なレートで取引されているとは限らず、一国の利害や投機筋の思惑で乱高下することが多い。
  • 港湾法第2条第2項において「国際海上輸送網又は国内海上輸送網の拠点となる港湾その他の国の利害に重大な関係を有する港湾で政令で定めるもの」と定義されており、2012年4月現在103港が指定されている。
  • これに対し、協調介入は、ある種の経済的なゆがみ・不均衡があり、それによって複数の国の利害が総合的に悪いと判断されるときに、当該国間で協議し行うものであり、為替レートを人為的に一方向へ操作するほどの強い影響力がある。
  • 次へ »