国の公用語

65 の用例 (0.00 秒)
  • そしてブルトン語は国の公用語として正式な地位を持つことがなかった。
  • 元々は古代ローマ共和国の公用語として広く普及した古代言語である。
  • まず、出品国の公用語以外で撮影された映画を出品できるようになった。
  • 欧州憲法条約は加盟2候補国の公用語にも翻訳されていた。
  • 将来加盟が見込まれる国の公用語表記は以下の通りとなる。
  • しかし、1966年に、参加国の公用語を用いることが定められた。
  • 南アフリカ共和国の公用語の一つで、ヨーロッパ系言語の中で最も新しい言語である。
  • 商業的な翻訳は一般にアルメニア共和国の公用語となっている東アルメニア語でなされる。
  • 似ている言葉なら修得が容易だし、国の公用語がいくつもあるスイスのような国もある。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • ロシアの各共和国の公用語して以下の26言語がある。
  • このほかにも欧州連合加盟国で発行されるパスポートにも、欧州連合を意味する表記が発行国の公用語で印刷されている。
  • リトアニア語はリトアニア共和国の公用語で、また欧州連合の公用語でもある。
  • 国の公用語が英語であることは、国民や地域住民の過半数が英語を第一言語とする、もしくは英語を話す能力を備えていることを必ずしも意味しない。
  • 国の公用語が二つだから、学校ではフィンランド語もスウェーデン語も教える。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • スロバキア語またはスロヴァキア語は、スロバキア共和国の公用語である。
  • 様々な国からのボランティア参加者がいるため、英語もしくは開催国の公用語については日常会話レベルの語学力は必要とされる。
  • 上記一覧においては人工言語や、加盟国がその国の公用語の方言とみなしているものは含まれていない。
  • 同侯国の公用語はドイツ語とイリュリア語とされた。
  • それまで公用語であったイタリア語に代わり、1936年に英語と並んでマルタ共和国の公用語に採用された。
  • ビルマ文字は、主にミャンマー連邦共和国の公用語ビルマ語の表記に用いる文字である。
  • 次へ »

国の公用語 の使われ方