固定ipアドレス

15 の用例 (0.00 秒)
  • また複数個の固定IPアドレス接続サービスを低価格で利用できる。
  • 主なサービスはインターネット接続サービスと、固定IPアドレスを付与した接続サービスの2通りとなる。
  • 日本においては1990年代後半に起こった爆発的なインターネット接続の普及などもあり、プロバイダは接続者ごとに固定IPアドレスを振る本来的な方法ではなく、接続中だけいずれかのIPアドレスが振られる動的IPアドレス割当方式を採用した。
  • ただし、固定IPアドレスと異なり、IPアドレスからドメイン名を検索する逆引きは不可能なため、用途によっては問題が発生することもある。
  • そのため、一般ユーザーはサーバを公開することが難しくなり、固定IPアドレスサービスは多くのプロバイダで追加料金が課されるようになった。
  • ただし、サーバやルーターのLAN側など固定IPアドレスを必要とするものや、割り当てを厳密に管理したい場合には固定IPアドレスの割り当てが行われる。
  • 宛先ISPがIP25Bを導入している場合、送信元の独自ドメインメールサーバが接続されている回線契約を固定IPアドレスの契約に変更しない限り、対処方法はない。
  • 通常のインターネット接続サービスのほかに、フレッツ型接続や専用線型接続と固定IPアドレスを使った企業向け接続サービスを中心に、VPN接続サービス、ファイアーウォール構築サービス、ホスティングサービス、iモードへのコンテンツ配信等のサービスを行っている。
  • 上記のサービスのほかに固定IPアドレスを割り当てる、IIJモバイルサービス/タイプDSとタイプESといったものがあり、モバイルルータを利用してVPNなどを構築することができる。
  • 固定IPアドレスの契約にしない場合、独自ドメインメールサーバを外部のホスティング業者のサーバに移し、OP25Bの対処の方法であるポート番号587を指定して、外部のメールサーバへ送り込む方法しかない。
  • 日本ではFTTHやADSL等の回線でインターネットサービスプロバイダに接続し、固定IPアドレスもしくは動的IPアドレス + ダイナミックドメインネームシステムによってドメインを名前解決して外部からの接続を受け付けるケースが多い。
  • また、OCNビジネスモバイルといわれる、FOMAハイスピード網を使った、MVNOでの法人向けモバイルアクセスサービスも用意されており、固定IPアドレスを使ったセキュアなリモートアクセスが可能となっている。
  • 法人向けにおいてはフレッツ接続や広域イーサネット接続やフレームリレー、ATM接続など企業のニーズにあった様々な回線に対応しており、ハウジングサービス、ホスティングサービス、固定IPアドレスサービス、VPN接続サービス、IP接続サービスなど幅広いインターネットソリューションを手がけている。
  • EC2インスタンスは起動時に動的なグローバルIPアドレスをマッピングされるが、固定IPアドレスを利用する場合はElastic IP Addressesサービスで取得したIPアドレスを保有するEC2インスタンスにマッピングできる。
  • OCNのビジネスプランにおいては固定IPアドレスサービスが用意されており、固定IPアドレスの個数は1, 8, 16, 32, 64から選べる。