固定観念

460 の用例 (0.01 秒)
  • この固定観念が、他の出来事に対して、彼女をまるで無関心にしていた。 ケッセル/堀口大學訳『昼顔』より引用
  • 彼は一つの固定観念に捉われながらもっぱら彼自身の内部で生きていた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • 古典に類する作品には古い固定観念・偏見が含まれている可能性もある。
  • それはドイツの国民性とスラブ民族の固定観念と密接な関係が存在する。
  • ソンタグの根本的なスタイルは固定観念を持つことを避けることにあった。
  • 僕のことをろくに知りもしないくせに、固定観念で語るのはやめてくれよ。 喬林知『今日からマ王 第04巻 「明日はマのつく風が吹く!」』より引用
  • 油絵は布に描かれているという固定観念があるが、必ずしも正しくない。
  • 経歴:男性の幻想の中にある、女性の二面性への固定観念から生まれた。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • いつごろからそういうことになったのか、倫理学者の固定観念である。 船木亨『メルロ=ポンティ入門』より引用
  • それで、足がなければ動けないという固定観念から解放されるはずですね。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • 固定観念にとらわれているため、オジサンたちはみんな同じことをやる。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • その固定観念から離れた今までには無いクリーピングタイプである。
  • この執念が一つの固定観念になるのを皆は理解し、それを尊敬した。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • 思想のブローカーでもなければ固定観念の所有者のことでもない。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • 固定観念と言われて、箱崎は朝読んでいた週刊誌の記事を思い出した。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • 自信ではないが、ある種の固定観念のせいでそのもの自体が見えていないのだろう。 玄侑宗久『禅的生活』より引用
  • 固定観念という概念や言葉自体が紋切り型な理解をされている。
  • 実際はどうであれ、それは十代のおわりごろから持ちつづけた固定観念であった。 半村良『夢の底から来た男』より引用
  • 戦争中から今日に至るまで続いている固定観念なのだ。 佐々淳行『謎の独裁者・金正日 テポドン・諜報・テロ・拉致』より引用
  • 固定観念があるんだよ、カラオケやゲームを置かなきゃいけないっていう。 金益見『ラブホテル進化論』より引用
  • 次へ »

固定観念 の使われ方