固定脚

99 の用例 (0.00 秒)
  • 理由は格納できないプロペラと大きな固定脚等が空気抵抗になる為である。
  • 中間練習機は九三式と呼ばれる固定脚か、浮舟の付いた複葉機である。 御田重宝『特攻』より引用
  • 金属製モノコック構造の胴体を持つ低翼単葉機で、主脚は固定脚だった。
  • 陸上機仕様で、普通の固定脚をつけた機体も開発された。
  • また、外翼は固定脚式の降着装置と胴体上部に固定された複数の張線で支持された。
  • こう考えて、私は流線形に覆った細い固定脚にしようと決心した。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • また、主脚は陸軍の戦闘機としては初めてズボン・スパッツ付固定脚となった。
  • こうして固定脚を装備した航空機を運用可能な艦となったフューリアスは運用実験を行うこととなった。
  • 降着装置は3輪式の固定脚だが、オプションで尾輪式にすることも可能だった。
  • 機体は木金混合固定脚の複葉機で、エンジンは石川島がライセンス生産した。
  • エンジンは現地調達品を使用し、固定脚などの各種装備品は破損機のものを利用した。
  • 三輪車と飛行機を合成した形状で、固定脚式の航空機である。
  • 地上設置時は、固定脚を伸ばして機器を安定させる。
  • 高翼、固定脚の全金属製の機体で、1933年7月に初飛行した。
  • 大直径のプロペラを採用したために、長い固定脚が採用された。
  • 複葉機や固定脚の飛行機でも雷撃実用性がある、と見なされたこともあった。
  • 降着装置は固定脚だが、フロートに換装して水上機とすることも可能だった。
  • 固定脚で尾部の下には橇が付けられ、胴体は木金混合構造に合板と布張りである。
  • 肩翼配置の主翼は半片持ち翼で、胴体と頑丈な固定脚から張り線で支持された。
  • 降着装置はソリに車輪付き固定脚、尾部をゴム張りのソリとしていた。
  • 次へ »

固定脚 の使われ方