固定翼

366 の用例 (0.01 秒)
  • また従来は固定翼機が用いられていたが、さらに回転翼機も登場してきた。
  • 固定翼の代わりに回転翼を装備し、見た目はヘリコプターにも似ている。
  • しかしながら速度や輸送能力で、通常の固定翼機よりも妥協している。
  • 実現されたのはすべて、固定翼のジェット機およびロケット機である。
  • ヘリコプターに対しては、固定翼機に対してはの探知距離を発揮できる。
  • 固定翼機については1988年まで海軍には所属していなかった。
  • いわば固定翼機と回転翼機の中間的な性格の航空機である。
  • 固定翼機のピッチの上下方向のバランスの取り方には、以下の方法がある。
  • 製品はすべて回転翼機であり、固定翼機などは製造していない。
  • 固定翼機の場合、通常は小回りがきく小型の戦闘機や攻撃機であることが多い。
  • つまり基本的には固定翼機と似た機体での飛行であるが、動力無しで飛ぶ。
  • 後年、滑走に距離を要する固定翼機部隊は岩国などへの移転が決まった。
  • また、佐賀空港では固定翼機・回転翼機の操縦訓練も行っている。
  • 軍用輸送機には固定翼機のものと回転翼機によるものがある。
  • たわみ翼を備えた初期の固定翼機には、以下のようなものがある。
  • 固定翼機はケチケメート基地、回転翼機はソルノク基地で運用されている。
  • 翼のタイプにより固定翼機と回転翼機に分けられる。
  • マンリー・バルザーは動力付き固定翼機用に設計された航空用エンジンである。
  • また前進効率は固定翼機に劣るため、移動距離あたりの燃費効率が劣る。
  • コンスティテューションはこれまで米海軍により運用された最大級の固定翼機である。
  • 次へ »