固定編成

539 の用例 (0.01 秒)
  • 同様の理由により9000系4両固定編成も単独運用が制限されている。
  • 本グループも中間車化改造により4両固定編成が3編成誕生している。
  • この3形式は補助機器が編成中で分散配置されており、固定編成とされた。
  • 途中駅での分割・併合は行われないので、固定編成が大多数を占める。
  • また、2両固定編成は難波側から和歌山市側に組成されるようになった。
  • 本グループも後年中間車化改造により4両固定編成が8編成作られた。
  • 各形式とも固定編成中で下2桁は同番号または同番号+50となっている。
  • 編成の組み方については原則として固定編成とし、分割・併結は行わない。
  • 後に一部中間車化改造により4両固定編成が5編成誕生している。
  • この時期には車両の連結・切り離しのない固定編成の列車は滅多になかった。
  • 固定編成化後、先頭に出ない中間運転台の機器類が撤去された。
  • また、京阪の特急専用車としては初めて新造当初からの固定編成形式である。
  • 休日ダイヤでは6両固定編成と4両固定編成を各1編成ずつ使用していた。
  • なお、補助電源などの関係で営業運転では10両固定編成でしか使用できない。
  • また、列車全体を単位として電源やサービス設備を設計する手法を固定編成と言う。
  • なお、7両固定編成については前面の貫通幌が当初より省略されている。
  • 以下には固定編成の事業用車両を含む。
  • 札幌運転所配置車は全て5両固定編成で使用され、4号車が指定席となっている。
  • このグループは京急で初めての6両固定編成である。
  • 当編成は8両固定編成で、在籍期間中は北総車では中間に乗務員室のある車両がなくなった。
  • 次へ »