固定為替相場

8 の用例 (0.00 秒)
  • バンコールは固定為替相場となるが、その為替相場は調整可能とされる。
  • 西欧も同様の措置を取り、以後固定為替相場制に復帰することは出来なかった。
  • 第二次世界大戦中のフランス領太平洋地域はアメリカ合衆国の影響が大きかったこともあり、ドルとの固定為替相場で設定された。
  • 第二次世界大戦後の世界経済はブレトン・ウッズ協定の下で金との交換性を持つアメリカのドルを基軸通貨とする固定為替相場制が取られていた。
  • 通貨同盟は固定為替相場であり、金融面で安定性をもたらしたが、加盟国はそれぞれ個別の通貨の発行は続けた。
  • この会議では最終的に、バンコールではなく、世界銀行とIMFによって管理された制度において、物理的な金と結び付けられる固定為替相場制が採用された。
  • また、これら2機関と米ドルを兌換通貨とする固定為替相場制を軸とした「ブレトン・ウッズ体制」が確立された。
  • これに対して日本はドルに対外決済の多くを依存してきたことと、32年間にわたる1ドル=360円の固定為替相場制の断固維持の姿勢から従来通りの相場での市場を開催を継続したため、東京外国為替市場に日本国外からのドル売りが殺到、ドル買いで対抗する日本銀行との激しい攻防戦となった。