固定武装

151 の用例 (0.00 秒)
  • 警戒監視が主任務であるため固定武装はなく、外部兵装も装備できない。
  • アニメ版ガンダムとの外見上の大きな違いは、固定武装が多いことである。
  • そのため固定武装は少なく、戦闘は操縦者の体術に負うところが多い。
  • 固定武装としては三年式機関銃1丁を装備した銃塔1基が上部に設置された。
  • 固定武装は頭部にバルカン砲1門と両肩部アーマーにメガ粒子砲を持つ。
  • そこで、固定武装を持ち、機動性に優れた空戦専用機、戦闘機が誕生した。
  • ブルーストーン採掘のためにだけ開発されているため固定武装は無い。
  • 分離時の固定武装は、WM形体時には発射口が全て塞がれて使用できない。
  • その他ミサイルポッドや機関砲など対空・対人用の固定武装を備えている。
  • 分離後の武装はトップターミナルには固定武装のみとなる。
  • 固定武装とウイング・バインダーは廃止され、武装も標準的なものに変更された。
  • 固定武装と追加パーツが分離され、全ゾイド最大で4つまでとなった。
  • 固定武装は機首部に機関砲が標準装備されている。
  • 両腕の固定武装は試作型で標準化され、その後に標準装備型として本格的に量産化されている。
  • 豊富な固定武装が用意されているが背面銃座だけ解放式である。
  • 固定武装はバックパックに設置されたハイパー・ビーム・サーベル2基である。
  • もともと日常生活の補助用として開発されたため、固定武装などはなく、戦闘時は肉弾戦が主となる。
  • その他の固定武装は原型機のものをほぼ流用している。
  • また、キャラクターによっては上記4カテゴリ以外に固定武装を持っていることがある。
  • 主にジャンク屋組合で運用される他に他企業へのレンタルも行われているが、戦闘目的での使用は禁止されており固定武装も基本的には持たない。
  • 次へ »