固定子と回転子

6 の用例 (0.00 秒)
  • 電動機の効率向上は、固定子と回転子の隙間を小さくすることが重要だということがなかなか認識されず、数十年間進歩がなかった。
  • 同期式リラクタンスモータは固定子と回転子の数が同じである。
  • 通常のシンクロの固定子のような3端子構成の固定子と回転子からなり、送信機としても受信機としても機能する。
  • 効率的な設計では、固定子と回転子の隙間をなるべく小さくし、トルクを発生しやすい磁束パターンにする。
  • 電動機にはいろいろな種類があるが、電動機は固定子と回転子があって、どちらかが回転変化する磁界を発生して、その磁界の変化によって、駆動力を得るものである。
  • 同期速度は、交流を電源とする回転機において、界磁に交流電流を印加したとき、固定子と回転子との間に生じる回転磁界の回転速度をいう。