固定価格買取

8 の用例 (0.00 秒)
  • 日本においても、固定価格買取制度等を利用した普及政策が行われている。
  • 再生可能エネルギー固定価格買取制度により売電を行っている。
  • 近年はコジェネレーションの一種として、固定価格買取制度の対象に加えて支援する国も見られる。
  • 生産者は20年間一定の固定価格買取制度が保障されており、固定収入が担保されている。
  • 入居企業の少ない状況下で新たな動きとなったのは2012年7月1日に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度である。
  • フィンランドは固定価格買取制度を導入しておらず、固定保険料、グリーン証書システムや入札手続きなども行っていない。
  • また、ドイツで始まった「固定価格買取制度」は風力発電会社の収入を安定化させて、風力発電会社の社債を、投資可能な格付けの金融商品に育て上げるのに成功した。
  • 彼は2006年9月の大臣就任予選で、2020年にフィンランドの風力発電容量を3000MWにするために、1年で風力発電への固定価格買取制度導入に言及していた。