固定価格買い取り

36 の用例 (0.00 秒)
  • 固定価格買い取り制度では、エネルギーの売り渡し価格を法律で決定する。
  • 普及政策としては固定価格買い取り制度の採用を提案した。
  • 政策的には、殆どの国が固定価格買い取り制度制と呼ばれる制度を軸として普及を進めている。
  • 現在用いられている普及政策は、固定枠制と固定価格買い取り制度に大別できる。
  • 固定価格買い取り制度はこの点において、分散型電源の特徴を利用している。
  • 固定価格買い取り制度は下記のような制度との併用も可能である。
  • 個々の要素でみると、固定価格買い取り制度には下記のような特徴があるとされる。
  • 上記の固定価格買い取り制度などと併用される場合もある。
  • 固定価格買い取り制度においては、買い取り価格が長期にわたって保証される。
  • 普及政策としては固定価格買い取り制度の採用を提案する一方、今後の産業界との調整などの課題も挙げている。
  • この理由としては政策的な不備が指摘され、ドイツなどで成功を収めている固定価格買い取り制度の導入を求める意見が出ていた。
  • 一般的に固定価格買い取り制度においては、対象技術の普及の初期に導入した事業者ほど高いタリフが設定される。
  • IPPの多くは固定価格買い取り制度やで長期の価格保障が提供されている再生可能エネルギー産業の担い手である。
  • また、普及の速度や最終的な普及量が目標に達するようにタリフの額などの調整が行われるが、固定価格買い取り制度はこの普及量の調整力が強い。
  • 低い買取価格での固定価格買い取り制度の優位性は多くの学術的報告や国際的な公的機関によって認められている。
  • しかし固定枠制や入札制では、その主張に反して、いずれもその効果は固定価格買い取り制度に劣るものとなった。
  • また2009年2月には環境省も再生可能エネルギーの導入に伴う費用や経済効果の試算を発表し、普及政策として固定価格買い取り制度の採用を提案した。
  • 固定価格買い取り制度とは、エネルギーの買い取り価格を法律で定める方式の助成制度である。
  • 固定価格買い取り制度の中でも特に太陽光発電事業に関しては回収単価が高く設定されたこともあって多くの事業者が参入し、様々な問題が露呈した。
  • この緊急提言の内容は、助成制度として効率が良いとされる固定価格買い取り制ではなく、旧来の補助金制度である点も批判された。
  • 次へ »

固定価格買い取り の使われ方