固定する

1,759 の用例 (0.01 秒)
  • 生きている日本人の国民性も民族的趣味も決して固定したものではない。 津田左右吉『偶言』より引用
  • 精神は一時に一つ以上の対象に強くその注意を固定することは出来ない。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • この宇宙には固定しているものやじっとしているものは何もないんだわ。 ウルフ/鈴木幸夫訳『波』より引用
  • この様式もいつの時かに始まり、そうして後に固定したものに相違ない。 和辻哲郎『アフリカの文化』より引用
  • 弾倉を入れて四キロを越す重さを右手一本で固定するのは不可能に近い。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10b D-双影の騎士2』より引用
  • だがそれもいってみれば、ぼくの眼底に焼きつき固定した一枚の写真だ。 眉村卓『不定期エスパー2』より引用
  • 剣法には固定した型というものはない、というのが武蔵の考えであった。 坂口安吾『青春論』より引用
  • 頭を固定すると、あなたの声が頭上のスピーカーから聞こえてきました。 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • 調べてみると、床の上にそれを固定する台の跡みたいなものが残っている。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 高度計の最高高度を示す赤い針が、一万八千メートルで固定していた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • 長澤には固定したグループの中に取り入っていく方法がわからなかった。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 秀吉といふ人物を中心にして、次第に周辺が固定してきたわけである。 唐木順三『千利休』より引用
  • おそらく人形を固定していた軸は、それぞれ一本ずつだったのだろう。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 徳川時代のような身分の固定した社会では夢にも考えられなかったことだ。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • こちらの使われ方はクレーンなどを地面に固定するアンカー機構に近い。
  • どうやらより近くからの固定したアングルにしようとしているようだった。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 其が一方には、京官・地方官叙任の儀式としてのみ固定する様になつた。 折口信夫『日本文学の発生』より引用
  • 城館の門を固定し終えたサント老人が、中庭におりてきたところだった。 三雲岳斗『聖遺の天使』より引用
  • つまり住所を示すために呼んだのが、やがて固定して名字みようじになったのだ。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • しっかり固定したのを確認した上で、神谷は栓をゆっくり閉じていった。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 次へ »