図る観点

24 の用例 (0.00 秒)
  • 情報評価官は情報本部が実施する情報の収集整理について、その効果的な実施を図る観点から行う評価に関する事務を司る。
  • しかし利用が低迷していることから、用地の有効活用を図る観点などから完全な廃止に向けた交渉が行われ、1986年4月1日には両駅の側線扱いでの利用も廃止となった。
  • 最近ではバスブランドのイメージ統一を図る観点及び地域密着の方針から、本社保有の車両に関しては、各路線の輸送実績や車両の使用年数などを見ながらグループ全体で融通する方法に変わりつつある。
  • 食堂利用客と車内通過客との分離を図る観点から仕切り壁によって山側に通路を設けることとなったが、当初仕切り壁には窓が設置されていなかった。
  • 秋季競馬での短距離ダート競走の充実を図る観点から2008年に新設された。
  • 事業区域については、事業の効率化を図る観点から、地域の実情を踏まえ、段階的に統合・拡大を図ることとした。。
  • アナログから地上デジタル放送への移行加速を図る観点から、地上・BS各アナログチューナーのみを搭載した従来型モデルの生産完全終了を2006年に発表した。
  • これ以降、売上確保やイメージアップを図る観点からナイター競走を開催する公営競技場が増えており、今後もナイター競走を開始予定、もしくは導入を検討している競技場がある。
  • しかし、道路の維持管理や更新にかかる道路管理者の負担を軽減することや、地域活性化を図る観点などから、2014年5月28日に法改正が行われ、同年6月4日から既存の道路にも適用できることとなった。
  • 日本では、身分制度の維持を図る観点から身分相応以上の服装を着用する行為が道徳風俗違反であるとして「過差」であると非難された。
  • 加えて新日本製鐵のスポーツ事業運営の見直しを図る観点から2001年を最後に新日鉄釜石ラグビー部としては一旦幕を下ろした。
  • 大阪市では、さらに土地の有効活用を図る観点から1985年1月に国鉄に対して臨港線の廃止を打診し、1986年2月に正式に廃止を申し入れた。
  • すなわち、認知請求を認めるか否かは、子の福祉を確保し、親族相続法秩序との調和を図る観点のみならず、用いられた生殖補助医療と自然的な生殖との類似性、その生殖補助医療が社会一般的に受容されているか否かなどを総合的に考慮し判断すべきとした。
  • 言論などの表現活動について安易に侮辱や名誉毀損による民事責任、刑事責任が成立するとすれば、表現の自由の保障が阻害され、自由な表現活動に対する萎縮効果が生じるという問題意識を背景として、両者の調和を図る観点から認めるべきとされる法理である。
  • 「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、前項の給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養として厚生労働大臣が定めるもの」に該当するもので、次のようなものがある。
  • 終戦後も、陸海軍廃止の状況下で治安確保を図る観点から、内務省では警備隊の大幅な増強を行いたい考えであったが、軍事的組織の温存・復活を警戒するGHQはこれを容れず、逆に1946年1月16日付指令「警備隊の廃止」を発し、全国の警察警備隊の廃止を命じた。
  • 厚生労働大臣は、国民の高齢期における適切な医療の確保を図る観点から、医療費適正化を総合的かつ計画的に推進するため、医療費適正化に関する施策についての基本方針を定めるとともに、5年を1期とする全国医療費適正化計画を定め、これを公表する。
  • この議論の末、健康保険法の平成18年改正により、従前の特定療養費制度が見直され、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な「評価療養」と、被保険者の選定に係る「選定療養」とに再編成された。
  • 基本番台を製造した富士重工業が既に鉄道車両製造事業から撤退してしまっていたほか、JR北海道社内の技術力維持向上も図る観点から、本区分の製造にはノックダウン方式が採られ、車体構体と台車を川崎重工業から購入し、搭載機器や内装などの艤装作業はJR北海道苗穂工場が行った。
  • 国土交通省は、CM方式の円滑な普及を図る観点から、2000年12月に学識経験者および関係業界の代表で構成する「CM方式研究会」を設置した。
  • 次へ »