図る

全て 動詞
8,527 の用例 (0.01 秒)
  • 同協会は日本と中国の貿易の促進を図る目的で一九五四年に設立された。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • 図らずも二人は、それを自分たちの行為で証明してしまっていたらしい。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第09巻』より引用
  • 逆にKBCと相図ってお互いのサービスエリアへ進出する事に成功した。
  • 次のステップアップを図る上での基礎資格的性格を帯びているのである。
  • 組織を壊滅して自殺を図ろうとするテシクに女の子の声が聞こえてきた。
  • 私が図らずも荒々しい音でもたてたのか母が先に気づいて声をかけた。 牧野信一『熱い風』より引用
  • 体力強化を図る合併によって30億円の合併効果を実現させたいという。
  • 国民の生活の安全を図る警察の働きに、何の疑いも持ったことはなかった。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 国家に忠実な軍人達は、国連地上軍に接近し地域の安定を図ろうとした。
  • 目的が変化したのに伴い、援助の方法も軌道修正が図られたといえる。
  • 諸問題について解決を図るべく、お互いに協力していくことで一致をした。
  • まさか宇宙人や未来人やちょう能力者と友誼ゆうぎはからんでもいいじゃないか。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 隈本は、かねて君だけは何とか特別に便宜を図ってやろうと云ってきた。 松本清張『小説東京帝国大学(上)』より引用
  • それも、君が図らずも見たとおり、かなり弱って消えそうなものだけを。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第02巻』より引用
  • 飯野はまさか幸徳が手なずけられるとは思ってなかったが接触は図った。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 今は、恭順の意を示して、徳川家の温存を図った方がよいのではないか。 南條範夫『山岡鉄舟(二)』より引用
  • それについての疑念をらそうと図って口にしたように仙波には思えた。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 面白半分に世間の目にさらされでもしたら、また自殺でも図りかねない。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • 魔法の道具である花の鍵は、途中機能アップが図られたものに変更された。
  • 遺伝子操作によって環境改造を図るためだったとわれわれは理解している。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 次へ »