囲碁

全て 名詞
1,909 の用例 (0.03 秒)
  • 第2期から6期の優勝者は、日中スーパー囲碁の優勝者戦に出場した。
  • プロ・アマチュア含めて、囲碁で最初の本格的な世界選手権でもある。
  • 将棋や囲碁、チェスを指すようにその過程に美を感じているふしがある。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 現在では、囲碁・将棋それぞれの棋戦優勝者の称号の一つになっている。
  • 囲碁、将棋のようにかつては存在していた家元制度が失われた分野もある。
  • 模様は囲碁用語の一つで、大きな地になりうる可能性のある勢力圏のことを指す。
  • 囲碁の普及と、独自に考案した囲碁ルールである計点制の普及を目指した。
  • 国際棋戦では、1987年に日中テレビ囲碁選手権戦で聶衛平を下した。
  • この城下で町人のあいだにさえ流行しているものといえば、囲碁であった。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • テレビ囲碁アジア選手権戦優勝、三星火災杯世界オープン戦準優勝など。
  • 明治までは楽屋の遊びの内、囲碁は許されたが将棋は許されなかった。 永六輔『芸人その世界』より引用
  • 室町時代末期に囲碁を専業とする者が現れたが組織化までは至らなかった。
  • 柳成龍の末裔に生まれ、碁好きの両親の影響で小学5年で囲碁を始める。
  • 名人碁所は棋士全ての段位認定権を持ち、囲碁界の最高権力者であった。
  • 日本でも将棋や囲碁のアマチュア大会では積極的に採用されている。
  • 彼は現在コンピュータセキュリティ分野と囲碁に興味を持っている。
  • 韓国囲碁界で一時期大流行し、この後の打ち方について様々な研究が行われた。
  • 若くして囲碁が得意であったことから召し出されて武帝の命を待つ身となった。
  • 此老人このとしよりが僕の仲善なかよしでしたが、或日あるひ僕に囲碁の遊戯あそびを教えてれました。 国木田独歩『運命論者』より引用
  • 彼の得意とする将棋しょうぎ囲碁いご以上にこれは興味のあるものだった。 有島武郎『星座』より引用
  • 次へ »