囲碁界

80 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸時代、幕府の家元制度の元で囲碁界を統括する立場として確立した。
  • 名人碁所は棋士全ての段位認定権を持ち、囲碁界の最高権力者であった。
  • 韓国囲碁界で一時期大流行し、この後の打ち方について様々な研究が行われた。
  • 現在のプロの囲碁界・将棋界においては、最高の段位は九段である。
  • これは以後、囲碁界の重要な記録として残されている。
  • この記事では日本囲碁界の記録を記載する。
  • この状況の中で関東大震災が起き、囲碁界も大ダメージを受けた。
  • 昭和初期の関西囲碁界の柱となって、多くの棋士を輩出した。
  • 将棋界が囲碁界に劣っているところの一つは、秀行塾がないことだ。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 囲碁界が将棋界に劣るのはただ一つ、山口瞳の「血涙十番勝負」がないことだと。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • その後紆余曲折はあったものの、現在でも、世界囲碁界の中でも重要な地位を占める。
  • そのため対局中に昼食を食べると、それだけで囲碁界では「大事件」として話題になるほどである。
  • しかし秀栄の死後は団体が乱立し、囲碁界は混乱の極みとなる。
  • 江戸時代に幕府から家禄を得ることで家元制度としての発展を遂げていた囲碁界は、明治維新により幕府の保護を失うという打撃を受けることになった。
  • なお、将棋界でも囲碁界と同様、女性が棋士になることは制度上可能であり男女の区別はないが、現在まで棋士になれた女性はいない。
  • 学生囲碁界の発展、女性への囲碁普及に力を尽くした。
  • この新布石は囲碁界のみならず一般社会をも巻き込んで囲碁のブームを巻き起こした。
  • 名人リーグに35年連続を含む39期在籍の実績があり、これは囲碁界において今後も破られそうにない記録のひとつとされる。
  • 日本棋院設立から昭和初期までの関西囲碁界は、主な棋士は日本棋院に参加し、関西支部が設立されていた。
  • 「大一番に好局なし」という言葉を覆したこのドラマチックな七番勝負は、現代日本囲碁界のハイライトともいわれている。
  • 次へ »

囲碁界 の使われ方