囲碁棋士

37 の用例 (0.00 秒)
  • しかし直後に起きた文化大革命の影響で、囲碁棋士として容易に活動できない状況となる。
  • 幼稚園では、現在女流囲碁棋士として活躍中の桑原陽子とは同クラスだった。
  • 日本の囲碁棋士一覧では、日本の現役の囲碁棋士全員を記述する。
  • プロの囲碁棋士が所属して活動を行う。
  • その国際戦を曺薫鉉・李昌鎬らの韓国棋士が勝利するようになると人気が爆発し、韓国内のそこここで囲碁教室が開かれるようになり、頭の良い子供たちは収入の良いプロ囲碁棋士になれと親から言われるようになった。
  • プロの囲碁棋士を目指す少女の物語で、穂坂繭が監修を務めている。
  • プロの囲碁棋士が所属し、囲碁普及活動や、棋士の育成、棋戦などを行う。
  • 日本の現役囲碁棋士の中で、最も多く名誉称号を持つ。
  • その患者は日本棋院に所属する囲碁棋士である林有太郎の長男Xで、患者の中野区の家にバラバラにされてホルマリン漬けにされた遺体があるという情報だった。
  • そのうち女流棋士が何人いるかはわからないけど、将棋では、男子と同じ資格の女性プロがいまだに誕生していないのに対して、囲碁棋士では大勢いますからね。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • 最終日には囲碁棋士の藤沢里菜初段が、大会で優勝した囲碁のソフトと公開対局する。
  • プロの囲碁棋士が所属し、棋戦や囲碁の振興活動などを行う。
  • これは囲碁棋士のプロ入り最年少記録である。
  • この勝負師を陰で支えた妻・モトは著書『勝負師の妻 -- 囲碁棋士・藤沢秀行との五十年』で彼を襲った数々の難局について述べている。
  • しかし両国の強さはこうした実利的な面ばかりでなく、囲碁熱の高さ、囲碁棋士に対する国民の注目度、それがもたらす若い世代の層の厚さが大きな要因といえる。
  • 水谷琢元は、江戸時代の囲碁棋士で、天明の頃に活躍した。
  • のちに小林千寿とも共演、小川誠子ら囲碁棋士との交流も深い。
  • 同じく囲碁棋士である実姉・万波佳奈とともに姉妹棋士として知られ、テレビ・雑誌などの媒体に登場する機会も多い。
  • 囲碁棋士の獲得タイトル数ランキングは、日本の囲碁棋士による獲得タイトル数のランキングである。
  • 江戸時代前期の囲碁棋士で天文暦学者の渋川春海の生涯を描く。
  • 次へ »

囲碁棋士 の使われ方