囲碁普及

16 の用例 (0.00 秒)
  • 主にアマチュア向けの囲碁普及を目的とする内容で刊行される。
  • またアメリカでの囲碁普及にも務めている。
  • 海外囲碁普及活動を積極的に行っている。
  • 学生囲碁界の発展、女性への囲碁普及に力を尽くした。
  • 若者を対象とした、囲碁普及プロジェクトIGO AMIGOの代表を務めるなど、普及活動に力を入れている。
  • プロの囲碁棋士が所属し、囲碁普及活動や、棋士の育成、棋戦などを行う。
  • 棋戦などの手合の棋譜や解説などの情報の掲載の他、独自の企画なども行い、情報誌としての機能に加え、メディアを通じての囲碁普及の役割も担った。
  • 他に囲碁普及の功労者などに、日本棋院・関西棋院から名誉段位を贈る場合がある。
  • 米国の慈善家William Shubert氏が囲碁普及のために非営利で運営しており、各国の有志がボランティアとして協力することで成り立っている。
  • 小沢は、囲碁普及を目的として日本棋院週刊碁特別企画のイベントでたびたび公開対局をしている。
  • また囲碁の普及のために応昌期囲棋教育基金会を設立し、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦などの棋戦の主催、台湾や中国で囲碁学校設立や棋戦の後援など、囲碁普及に大きく貢献した。
  • 名古屋囲碁席組合理事長、東海囲碁普及会代表、2002年から05年まで日本棋院常務理事を勤めた。
  • 女流棋士として初めての囲碁使節としてアメリカに渡り、その後もヨーロッパなど海外囲碁普及に努め、また女流碁界の発展に尽くした。
  • 第一回は谷岡一郎大阪商業大学学長杯、第二回は大阪商業大学杯が冠せられ、全国こども囲碁普及会が主催していることより、高校生版ジュニア本因坊戦と呼ばれる。
  • 中部こども囲碁普及会代表も務める。
  • 伊勢国生まれ、井上松本因碩、小林鉄次郎などの門下となり、方円社に所属、岡山分社、神戸分社を設立、関西の囲碁普及に努めた。