囲碁大会

23 の用例 (0.00 秒)
  • その後いくつかのアマチュアの囲碁大会に優勝するなどして注目される。
  • 少年少女囲碁大会と併せて、小中学生の2大全国大会と目される。
  • 大正12年には、寂光寺で本因坊算砂300年祭の記念囲碁大会が開かれた。
  • 人間側の対局者は主に台湾の少年囲碁大会の優勝者や院生など、アマチュア五、六段クラスの者が選ばれた。
  • ある日、アマの囲碁大会に出ていた和歌は、指導に来ていたプロ棋士の鷺坂と出会う。
  • なお、父は囲碁が好きで囲碁大会に奈良県代表としてしばしば出場し、高島忠夫の父とは囲碁友達だった。
  • これはその年のUEC杯コンピュータ囲碁大会で決勝に進んだ2つのプログラムが、日本棋院のプロ棋士とハンデ付きで戦うというものである。
  • なお、1999年に行われた第1回CGFコンピュータ囲碁大会の成績についても本稿で記述する。
  • 現在「夏樹静子杯グリーン碁石囲碁大会」が年1回開催されている。
  • 彼の父は無類の碁好きで、林は父が友人達と碁を打つのを見て自然に囲碁を覚え、めきめきと上達し台湾の少年囲碁大会で優勝して、天才少年として注目された。
  • また同年にはじまった全日本こども囲碁大会の初代優勝者にも輝き、平成生まれのチャンピオンとして話題を集めた。
  • その年のUEC杯コンピュータ囲碁大会で決勝まで進んだ2つのプログラムが、日本棋院のプロ棋士とハンデ付きで戦う。
  • また、日本での大会としては、FOST杯、世界コンピュータ囲碁大会 岐阜チャレンジなどが開催された。
  • 小学4、5年頃に父や叔父の見よう見まねで囲碁を覚え、地元の囲碁大会で準優勝して神童と言われる。
  • また地元青森県で「工藤紀夫杯争奪囲碁大会」を開催するなど、アマチュアへの普及にも熱心なことで知られる。
  • また1928年には東京日日新聞主催で全国素人囲碁大会が開かれ、全国規模のアマチュア棋戦の嚆矢となった。
  • 全欧囲碁大会、欧州囲碁選手権戦、ヨーロッパ・ゴ・コングレスなどとも記される。
  • 後日、怪我を隠しながら名人リーグ戦に挑む鷺坂の勝利への執念と気迫を目の当たりにした和歌は、より一層、プロ棋士への夢を確かにし、母親から「少年少女囲碁大会の全国大会で優勝したらプロ棋士になることを許してもらう代わりに、負けたら囲碁を辞める」との約束を取り付ける。
  • また、ドイツではドイツ囲碁連盟によって「ハンス・ピーチメモリアル」を冠した少年囲碁大会が行なわれている。
  • また1998年から「東日本子供囲碁大会」を企画、開催し、その後「ボンドカップ全日本こども大会」へと発展した。
  • 次へ »

囲碁大会 の使われ方