囲碁十訣

6 の用例 (0.00 秒)
  • また後の棋書にも多く紹介されている「囲碁十訣」の作者とも言われるが、確かではない。
  • また後世にはこれに倣って、新囲碁十訣なども種々考案されている。
  • 「囲碁十訣」の作者、及び鎮神頭の手筋の発見者とも言われる。
  • 南唐の高官から北宋の太祖に仕えて碁の相手を務めた、潘慎修が太祖に献上した書物『棋説』の中で、「十要」として記した碁の原理が囲碁十訣であるとも言われる。
  • 南唐の高官であった潘慎修は宋に仕え、囲碁観をまとめた「棋説」を太祖に献上し、この中の「十要」が後の「囲碁十訣」であるとも言われる。
  • 当時これには、「囲碁十訣」の作者として後世に知られる王積薪や、顧師言、王倚、順宗に重用された王叔文、滑能、新羅人の朴球などがいた。