囲碁交流

14 の用例 (0.00 秒)
  • 訓練隊は1972年に復活、中断していた日中囲碁交流も1973年に再開した。
  • 個人単位での観光旅行の中に、現地の囲碁組織の協力によって囲碁交流のイベントが組み込まれることも行われている。
  • 同年の日中囲碁交流で中国代表団として来日し、5勝2敗となる。
  • この年に開始された日中囲碁交流では、訪中団の瀬川良雄七段に勝利、中国側2勝のうちの1勝を挙げた。
  • 日中囲碁交流において、1961年を始めとして訪中団に加わる。
  • またこの年は日中囲碁交流で山城宏、長谷川直、佐藤昌晴に3連勝している。
  • 対外的には1960年から日中囲碁交流なども行われ、陳祖徳が日本の九段からも勝利を挙げるほどにレベルアップする。
  • 日中囲碁交流では1961年から出場し、1965年には岩田達明九段を破り、中国棋士として初めて日本の九段に互先で勝利する。
  • 国際囲碁交流も活発に行っている。
  • 戦争が終り、1960年に第1回日中囲碁交流の代表団として訪中した松波は易山と再会する。
  • 聶は日中囲碁交流でも好成績を挙げ、1979年の第1回世界アマチュア囲碁選手権戦で優勝して、実力を世界に知らしめる。
  • 日中囲碁交流において中国代表団に、愛用していた小目からのシマリを省略する布石法を紹介し、中国の陳祖徳らはこれを研究して、以後多用し好成績を挙げた。
  • 日中囲碁交流では、1961年訪中団参加、1964年の女流棋士訪中団では団長となる。
  • 日中囲碁交流では、1963年訪中団の宮本直殻に定先で勝ち、64年訪日団に参加し4勝5敗、65年の訪日では4勝3敗、66年訪日では2勝3敗などの成績を収める。

囲碁交流 の使われ方