囲碁や将棋

30 の用例 (0.00 秒)
  • 囲碁や将棋において上手とは比較してより強い方、下手とは弱い方を指す。
  • 囲碁や将棋とは違い、偶数回の対局となり、白と黒を同じ回数ずつ持つ。
  • またパソコンソフトの囲碁や将棋では「待った」機能がついている例もある。
  • 囲碁や将棋では相手の次の手を見て、それが自分が困る手の場合にもう一度前回の自分の手まで戻って指し直しをすることを求める場合に「待った」という。
  • 古くは、専用機による囲碁や将棋による遠隔対局システムもあった。
  • 囲碁や将棋で対戦者の力量に差がある場合は、強い側を上手、弱い側を下手という。
  • 一方の囲碁や将棋においても、 などの理由で、封じ手の戦略について系統だった研究は発表されていない。
  • 原義から言うと囲碁や将棋はターン制ストラテジーの一種といえる。
  • 囲碁や将棋やチェスで着手した手を直すことも「待った」といわれる場合もある。
  • 企業の管理システムやユーティリティソフト開発のほか、コンピュータ囲碁や将棋などのゲームソフト開発を行っている。
  • 長考とは、特に囲碁や将棋のような思考型の対戦ゲームにおいて、次の一手を長く考えること。
  • 囲碁や将棋では着手というのは置いた駒又は石から指が離れた瞬間から手を直すことはできないが、動かして置いた駒又は石から指が離れない限りは手を直すことができる。
  • 日本では将棋世界など、囲碁や将棋の雑誌は複数刊行されていたが、コンピュータゲームに関してはパソコン雑誌や少年・児童向漫画雑誌で数ページ扱われる程度だった。
  • 日本での囲碁や将棋のオンライン対戦サイトでは、参加者の棋力を示すためにレーティングを用いているところもある。
  • 妙手とは、囲碁や将棋において特に優れた着手のことを指す。
  • 囲碁や将棋では、トーナメント・システム、リーグ・システムにより挑戦者を決定するタイトルマッチ・システムを採用することもある。
  • また会議等で利用できるように、研修室が6室、和室が4室があり、地域住民の利用を考え囲碁や将棋が楽しめるように少し低い机を完備した交流室等もある。
  • 挑戦手合制は、囲碁や将棋、連珠などの棋戦における大会方式の一つであり、タイトル保持者と挑戦者とが対戦し、その勝者を新しいタイトル保持者とするタイトルマッチ・システムの一種である。
  • 囲碁や将棋では、一局における着手の先後の意味のほかに、以下のように、ある局面での着手の先後を意味することがある。
  • 番勝負は、主として、囲碁や将棋の棋戦などにおいて、同じ2名の対局者が複数回の対局を行い、勝数が多い方を優勝者等とする仕組みを指す言葉である。
  • 次へ »