囲碁の棋戦

18 の用例 (0.00 秒)
  • 関西棋院選手権戦は、日本の囲碁の棋戦で、関西棋院の棋士が出場した。
  • 元老戦は、中国の囲碁の棋戦として、1990年から各年各地域で実施されている。
  • 永達杯王中王戦は、中国の囲碁の棋戦で、2002年から2004年まで2期開催された。
  • プロ十傑戦は、囲碁の棋戦で、日本棋院と関西棋院の棋士が参加した。
  • 山陽新聞杯 関西棋院第一位決定戦は、囲碁の棋戦で、関西棋院の棋士が出場する。
  • ロッテ杯中韓囲碁対抗戦は、中国と韓国の対抗戦形式による囲碁の棋戦で、1994年から1997年まで開催された。
  • 若鯉戦は、囲碁の棋戦で、日本棋院の30歳以下および五段以下の棋士によって争われる。
  • オスラムコリア杯新鋭連勝最強戦は、韓国の囲碁の棋戦で、25歳五段以下の棋士が参加する。
  • 新鋭トーナメント戦は、囲碁の棋戦で、テレビ東京で放映された。
  • リコー杯囲棋混双戦は、中国の囲碁の棋戦で、男女ペアによるペア碁により行われる。
  • 富士通杯U15少年囲棋戦は、中国の若手棋士による囲碁の棋戦で、2005年から2008年まで男子戦と女子戦各4期行われた。
  • 鳳凰古城世界囲棋嶺鋒対決は、中国で開催される囲碁の棋戦で、中国と韓国から招待された、国際棋戦優勝者である各1名の棋士によって行われる。
  • 全日本囲棋選手権大会は、日本の囲碁の棋戦で、1934年から1936年まで、東京日日新聞、大阪毎日新聞主催により2回開催された。
  • 早碁選手権戦は、囲碁の棋戦で、テレビ東京で「日曜囲碁対局」として放映された。
  • 北米マスターズ・トーナメントは、北アメリカのプロ棋士による囲碁の棋戦で、1995年から2002年まで行われ、2005年にアメリカ・マスターズとして再開、2007年に北米INGマスターズに統合された。
  • 新人王戦 U-25は、しんぶん赤旗・日本棋院・関西棋院が主催する日本の囲碁の棋戦で、日本棋院と関西棋院の25歳以下、六段以下の棋士が参加する。
  • 阿含・桐山杯日中決戦は、囲碁の棋戦で、日本の阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦と、中国の阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦の優勝者同士による対抗戦形式で行われる。
  • NEC俊英囲碁トーナメント戦は、囲碁の棋戦で、日本棋院と関西棋院の、25歳以下で年間賞金額上位の棋士が13名が参加する。