囲碁の普及

19 の用例 (0.00 秒)
  • 囲碁の普及と、独自に考案した囲碁ルールである計点制の普及を目指した。
  • アマチュア六段の資格を持ち囲碁の普及活動などをしている。
  • 岐阜県での囲碁の普及に貢献している。
  • 曺薫鉉は、日本で修業した後、韓国へ帰り囲碁の普及に尽力した。
  • 木谷實門下だった趙南哲が第二次世界大戦後に韓国棋院を設立して、現代囲碁の普及を行った。
  • 過去の優勝、入賞者には、その後プロ棋士となった者も多く、囲碁の普及のとともに、新しい才能の発掘にも大きな効果を挙げている。
  • その後プラスチックや硬質ガラス製の製品が出回り、安価な用具の大量生産が囲碁の普及に果たした役割は大きいと言える。
  • 数少ないヨーロッパ出身のプロ棋士として囲碁の普及活動にも積極的に携わっていたが、2003年普及に訪れたグアテマラで強盗に襲われ不慮の死を遂げた。
  • 囲碁まつりの存在を知らなかった通りすがりの買い物客や、囲碁は覚えたいが碁会所には足を運びづらいといった人でも参加しやすい雰囲気となっており、囲碁の普及という点でメリットが大きいものと思われる。
  • 明治後期の日本における最も繁栄した囲碁組織で、本因坊家などと対立しながらも、封建的な家元制度を脱却し、実力主義を導入、従来の段位制度に代わり、級位制を取り入れるなど、次々と新しい試みを打ち出し、囲碁の普及と近代化に大いに功績があった。
  • 入門講座の受講、大盤解説によるプロ・アマ公開対局の観戦はもとより、通常は有料のケースが多い指導碁についても参加費無料であるため、子どもを含む誰もが気軽に参加することが可能であり、この点でも囲碁の普及に貢献しているものと思われる。
  • また囲碁の普及のために応昌期囲棋教育基金会を設立し、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦などの棋戦の主催、台湾や中国で囲碁学校設立や棋戦の後援など、囲碁普及に大きく貢献した。
  • その後も基金の活動により、上海市応昌期囲碁教育基金会も設立され、2005年に上海市応昌期囲棋学校設立、中国囲棋協会による昌期杯囲棋戦の創設などが為され、また世界各地で囲碁の普及、教育の活動が行われている。
  • 数少ないヨーロッパ出身の棋士として囲碁の普及活動に積極的に携わっており、強盗に襲われた際はこうした普及活動の一環としてキューバ、グアテマラ、メキシコの中米の3カ国を日本棋院の公務として訪れていた。
  • 囲碁の普及にも熱意を燃やし、自ら「よんろのご」、「張栩の黒猫のヨンロ」を考案した。
  • また、集英社発行誌『週刊少年ジャンプ』で連載された漫画『ヒカルの碁』を監修するなど、囲碁の普及活動を行っている。
  • 「ヒカルの碁」の監修など、囲碁の普及活動で知名度の高い梅沢由香里がナビゲーション役として出演している囲碁ゲームである。
  • NHK教育テレビの『囲碁の時間』で囲碁講座の講師を務めるなど、囲碁の普及に尽力し、1996年に日本棋院から普及功労賞を贈られた。
  • 「本因坊」はもとは連声して「ほんにんぼう」と読んだが、囲碁の普及に伴って「ほんいんぼう」と読まれるようになった。