囲碁の対局

12 の用例 (0.00 秒)
  • このため囲碁の対局では、お互い隅付近から打ち始めるのが基本である。
  • 用いられる物は、通常の囲碁の対局で用いられるものと、大差はない。
  • 荒らしとは、囲碁の対局の中で、相手の地になりかかっている場所に侵入し、地になることを防ぐ手段のこと。
  • 将棋や囲碁の対局が数多く行われ、陣屋事件の舞台としても知られるほか、近年ではタイトル戦のときだけ特別に用意されるカレーライスが隠れた名物となっている。
  • 囲碁における手合割とは、囲碁の対局における実力差に応じたハンディキャップのこと。
  • なお、将棋・囲碁の対局にもテレビで放送される場合には解説者が付くが、全てプロ棋士が解説するため、将棋・囲碁の解説者という人物は存在しない。
  • 後に出陣前夜の費禕に対し、彼は別れの挨拶と称し囲碁の対局を羨望して、その胆力を試みたという。
  • 立会人とは、選挙、スポーツの試合、将棋や囲碁の対局などで不正がないか、記録が正規に行われたかなどを見届けることを仕事とする人のことである。
  • 囲碁の対局、解説のほかに、囲碁ゲームソフトの監修も手がける。
  • 囲碁の対局では、布石の段階が終わった時点からは、「自身のもつ模様を広げる」「相手の弱い石を攻める」などの構想を持って打ち進める。
  • 番組は前半がプロ棋士同士による対戦、後半は一般視聴者による勝ち抜き戦で、勝ち抜いた人数によって囲碁の対局時計や、冠スポンサーである富士通のパソコンなどが、また参加賞として19路盤の碁盤セットが贈呈された。
  • 囲碁の名人で、承和6年共に当時囲碁の名人とされていた伴雄堅魚とともに、仁明天皇に召されて囲碁の対局を行った。