囲碁の家元

5 の用例 (0.00 秒)
  • 井上家は江戸時代、囲碁の家元四家の一つであり、名人を2名輩出している。
  • 林家は、本因坊家・安井家・井上家と並ぶ、江戸時代の囲碁の家元四家の一つである。
  • 寛文9年に安井算知が、弟子の一人に門入斎の俸禄を継がせて二世林門入とし、林家は囲碁の家元の一つとなった。
  • 安井家は、江戸時代、本因坊家・井上家・林家と並ぶ囲碁の家元四家の一つであり、名人碁所として二世算知がいる。
  • 定正の四男宗順の二男である六蔵は碁技に優れ、これにより江戸幕府から俸禄を受け、安井算哲と名乗って囲碁の家元安井家の始祖となった。