囲碁の名手

7 の用例 (0.00 秒)
  • また、柳成龍は囲碁の名手であり、これにまつわる逸話が多く残されている。
  • その時代の囲碁の名手、国手と呼ばれる者などが務めた。
  • 王諶は沈勃・庾珪之・王抗らとともに小中正に任じられ、囲碁の名手を集めた。
  • 王 積薪は中国唐代中期の囲碁の名手で、国手と呼ばれた。
  • 戦により隻眼となった吉田貞重は囲碁の名手であり「せんの次郎左衛門」と渾名が付くようになった。
  • また、書道に優れ、囲碁の名手でまた名家老であった。
  • 明の時代には囲碁の名手が多く現われ、その末期の梁渓の過百齢もその一人であり、「官子譜」「三子譜」「四子譜」などの優れた棋書を残した。