囲碁のルール

22 の用例 (0.00 秒)
  • また囲碁のルールも踏まえており相手の石を囲んで取ることも可能である。
  • 現在の囲碁のルールの原型に近いものであるとされており、現在の日本のルールよりも中国のルールのほうに近い。
  • 囲碁のルールには、いわゆる日本ルールと中国ルール、中国ルールを元に台湾で考案された計点制ルールなどがある。
  • 切り賃のルールは、古代の囲碁のルールが、純碁に近いことを示唆している。
  • 初期の囲碁のルールは多様であった。
  • 切り賃は、近代まで使われていた囲碁のルールの一つ。
  • 純碁は、囲碁のルールの本質のみを、そのままルール化したものだと捉えることができる。
  • 囲碁のルールは非常に単純であるが、そこから派生するほぼ必然的な着手の仕方、つまり石の形を理解することである程度の棋力を得ることができる。
  • 計点制ルールは囲碁のルールの一つで、台湾の囲碁ルール研究家応昌期が考案した、従来のルールに合理的な改良を加えたもの。
  • 囲碁のルールを参照のこと。
  • 通常の囲碁のルールによる詰碁の創作だけでなく、テトリス碁などの特殊ルール下での詰碁の創作も行う。
  • 純碁とは、囲碁の入門用として王銘エン九段が提唱する、囲碁のルールを母体としたゲームである。
  • ポン抜き囲碁は、囲碁本来の目的である「地の獲得」に関する部分はいったん無視して、「囲碁のルールにのっとり、相手の石をうまく取る」ことを勝利の条件とする。
  • 「ポン抜き囲碁」とは、囲碁のルールを学ぶ過程で用いられることが多いミニゲームである。
  • 囲碁のルールを知らない入門者から19路盤が打てる級位者まで対応した、コース別ワークショップを毎月1~2回開催している。
  • 梅沢由香里がナビゲーション役となって、囲碁のルールや用語、布石、定石などについて解説するというものである。
  • ポン抜き囲碁は、あくまでも「囲碁のルールの一部」しか用いていないミニゲームである。
  • 囲碁のルールも、佐為がかつて憑いていた碁聖・本因坊秀策の強さも知らないヒカルは、「神の一手を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに碁を打つことになる。
  • 囲碁論、打碁の棋譜、定石、詰碁などが集められ、この時代の囲碁のルールや、打ち方についての貴重な資料となっている。
  • ハガシは囲碁のルールにおける反則の一つ。
  • 次へ »