囲碁

全て 名詞
1,909 の用例 (0.03 秒)
  • 平成18年度には囲碁部が団体戦で高校女子の部で全国優勝を果たした。
  • その後いくつかのアマチュアの囲碁大会に優勝するなどして注目される。
  • このため囲碁の対局では、お互い隅付近から打ち始めるのが基本である。
  • このことからも、囲碁の方が可能性が高いだろうって言ってましたよ。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • 段級位制は、江戸時代の囲碁の大棋士・本因坊道策が始めたものである。
  • 方円社が明治期における一般の囲碁愛好家向けに果たした功績は大きい。
  • サッカーのほか囲碁でも同様の現象が見られ、それに使われることもある。
  • また日本人による中国での囲碁についての最初の記録とも言われる。
  • ノビは囲碁用語で、すでに打たれた自分の石に隣接させて打つ手を指す。
  • 江戸時代、幕府の家元制度の元で囲碁界を統括する立場として確立した。
  • 文化部では囲碁部、化学部、ブラスバンド部が優秀な成績を残している。
  • また秀吉が囲碁を指したとされる石の碁盤も、公園内に残されている。
  • 基本的なルールは通常の囲碁に準ずるが、次に挙げるような違いがある。
  • 囲碁将棋部は第21回全国高等学校将棋選手権大会で団体優勝している。
  • この囲碁セットは捜査関係者の話としてほとんど価値が無い物であるとしている。
  • また囲碁・将棋部は将棋の男子団体で全国高等学校総合文化祭に出場した。
  • 哲学者で囲碁の名人であったほかに、ハン隠者は良い建築家でもあった。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • また囲碁のルールも踏まえており相手の石を囲んで取ることも可能である。
  • 宋代には囲碁に関する著作も多く書かれ、囲碁のレベルは大きく向上した。
  • そこへのっそり祖父がやって来て、囲碁の法を教えてくれることがあった。 豊島与志雄『同胞』より引用
  • 次へ »