困難な狭隘区間

8 の用例 (0.00 秒)
  • 終点の南天橋交差点手前は車両の行き違いが困難な狭隘区間である。
  • 自動車の行き違いが困難な狭隘区間もあるため、ところどころに待避所が設置されている。
  • 一部区間は離合が困難な狭隘区間が存在するが、近年道路改良が進み、バイパス建設も進行している。
  • この間にある豊岡市出石町地域は、豊岡市出石伝統的建造物群保存地区に指定されている旧出石城の城下町を通過しており、拡幅工事が困難な狭隘区間である。
  • また、枚方市長尾地区にも、車輛同士のすれ違いが困難な狭隘区間や、ごく僅かな距離だが一方通行区間が存在する。
  • 上山町の集落を過ぎると1車線分の狭さとなり、医王山登山口のある見上峠までは普通車でもすれ違いの困難な狭隘区間となる。
  • 起点から穴水町竹太までの区間および穴水町甲地内、また穴水町岩車の椿崎別荘地内から終点までは両側2車線の快走路であるものの、普通自動車でもすれ違いが困難な狭隘区間が点在する。
  • 平地部は2車線、山間部は1〜2車線あり、特に茨城県高萩市下君田から福島県塙町片貝までの県境を越えを含む区間は、1車線幅の林道の様相で20km以上も続く離合困難な狭隘区間である。