困難な狭路

9 の用例 (0.00 秒)
  • ほぼ全線に渡り、離合が非常に困難な狭路であるため、この道路を通行する車は少ない。
  • しかし峠中腹は離合困難な狭路が延々と続き、夏場の場合両側から草が生い茂り車両一台が通るのも厳しい箇所もある。
  • 道中は洗濯板のような悪路、転回困難な狭路、落石などいろいろな障害が待ち受ける。
  • 全線山道であり、福知山市雲原から終点部分は普通車でも離合困難な狭路になっており、同区間は大型車の通行は困難である。
  • 全体を通じて離合がやや困難な狭路区間が大半を占める農道に近い道路で、これらの問題を解消するバイパス道路が暫定的に供用されているが、全線開通には至っていない。
  • 宮荘交点付近を除いて全線が離合困難な狭路である。
  • しかし、岡山県道214号洲崎米倉線との交点から岡山バイパスの下を経由し岡山製紙正門前に至る区間こそ概ね片側1車線が確保されているものの、以北は住宅街の裏道と同程度の離合も困難な狭路が連続し、七日市東町付近には信号で交互通行を行なっている場所も存在する。
  • 終点附近の熊川宿の町並みが残る附近を除いて、ほぼ全線離合困難な狭路でガードレールやカーブミラーも未設置の悪路が続くいわゆる険道である。
  • 国道410号線南房総市古川〜同市安馬谷付近は、家屋が建ち並ぶため拡幅が難しく、大型車の通行が困難な狭路区間で、比較的事故も多い区間であるが、周囲の環境から拡幅も困難である。

困難な狭路 の使われ方