困窮を極め

43 の用例 (0.00 秒)
  • そのため少年時代は困窮を極めていたが、両親から高い教育を受けていた。
  • だが新たな入植者を迎えた現地では、食料が不足し、困窮を極めていた。
  • 父は明治維新を機会に士族の商法を始めるが失敗、家は困窮を極めた。
  • 源氏が都を追われ、後見を失った末摘花の生活は困窮を極めていた。
  • テスは故郷に帰るが、父親が死に、一家は困窮を極めていた。
  • 一握りの特権階級に圧迫され、民衆の生活は困窮を極めていた。
  • 逆にフランスは、北米植民地戦争の借りを返すことに成功したが、国家財政は底を突き、困窮を極めた。
  • 客入りは祝日昼間にもかかわらず前回と同じ6割程度と、ますます興行は困窮を極めていく。
  • 会社が発足して間もなく昭和20年8月の終戦を迎えたが、この時期は長年に亘る戦争のため生活物資は食糧を初めあらゆる物が不足し、国民生活は困窮を極めた時代だった。
  • また、昭和恐慌によって当時の日本の地方農村地域は疲弊と困窮を極めており、窮乏生活を送らざるを得ない農業従事者らの強い移民志向もあったとみられている。
  • 建国当初の政争に加え、中国共産党軍との対立、さらに日中戦争と国内での混乱が続いたことで経済状況が悪化し、物資が軍需用として優先使用され、その物資の輸送も限定された交通手段に頼っており国民経済は困窮を極めた。
  • それが仇となって、一時逮捕されるなど困窮を極めたが、三年後ようやく元帥号を取り戻し、名誉回復が為された。
  • そのため、弥次郎の免罪を訴えた長男・弥太郎も投獄された事によって一時期岩崎家は困窮を極めたといわれている。
  • 領民は困窮を極め、結果として藩財政も著しく悪化した。
  • しかし、家臣の割に知行が少ないため困窮を極め、家臣団は近隣で盗賊行為を行っていたと『戸川記』などは伝えている。
  • 幕府は問屋場などへの支援を行ったものの、廃止の願いが受け入れられることはなく、さらには伝馬の負担引き上げ、地震や富士山の噴火などで財政は困窮を極めた。
  • 古くから石炭が採掘されたことは知られており、享保年間には既に個人規模で石炭採掘が行われ、薪の代わりなどに用いられていたが、幕末になると困窮を極めた諸藩が経済政策のために藩営の炭鉱を開発するようになり、製塩向けに需要を伸ばし、市場経済に乗せられるようになった。
  • 家臣の井上元盛に多治比の所領を横領され、生活が困窮を極めた際も、幼少の松寿丸を一身に支えた。
  • 父親は製紙工場の従業員だったが、貧しい黒人家庭で大家族な上に高校進学の頃に父親が脳出血で倒れて全身が麻痺し、兄弟も2人が病気で亡くなるなど、生活は困窮を極めていた。
  • しかし、米ソ両陣営からの支援、援助のほぼすべてが左翼ゲリラと親米政権に対する支援目的であったために、国民の生活は困窮を極めた。
  • 次へ »