団体臨時列車

93 の用例 (0.00 秒)
  • 新潟運転所に配置され、主に新潟地区の団体臨時列車として運用されていた。
  • 名古屋車両区に配置され、主に名古屋地区の団体臨時列車として運用されていた。
  • 団体臨時列車のほか多客臨時列車及びそれに類似する臨時特急としても活躍した。
  • 臨時列車や団体臨時列車でも251系が使用されたことがある。
  • 奈良線には、日本各地からの団体臨時列車が乗り入れることがある。
  • 尾久客車区に配置され、主に関東地区の団体臨時列車として運用されていた。
  • 新幹線の場合は、一般の団体臨時列車と同じ列車番号が付けられることが多い。
  • 営業運転開始後は主に長崎発着の団体臨時列車に用いられた。
  • 当初は岡山地区発の団体臨時列車のほか、岡山から各地への臨時急行列車などにも使用された。
  • 主に広島地区の団体臨時列車として運用された。
  • 主に長野地区の団体臨時列車として運用された。
  • また時に団体臨時列車としても使用されることもある。
  • ATCに対応しない車両による団体臨時列車が、高島線経由で運転されることがある。
  • 主に金沢地区の団体臨時列車として運用された。
  • こうした列車は団体臨時列車と呼ばれ、JRを中心に貸切運転での使用を目的とした車両も存在する。
  • 主に静岡地区の団体臨時列車に運用された。
  • このほか、数年に一度、長野方面からも団体臨時列車が身延線に入線することがある。
  • 秋田地区の団体臨時列車用として改造された。
  • その後は、東北各地へ団体臨時列車や、盛岡支社内の臨時列車として運行される予定である。
  • 団体臨時列車のほか臨時列車にも活躍し、晩年は普通列車として運用されるも1994年3月に廃車された。
  • 次へ »

団体臨時列車 の使われ方