因子製剤

17 の用例 (0.00 秒)
  • 加熱処理した血液凝固因子製剤はある特定の製薬会社一社には保健局が発売を認可したのに、他の数社には発売許可を三年ほど遅らせていたのです。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 同時に提訴された第9因子製剤によるHCV感染に関する訴訟はすべて棄却されている。
  • 第IX因子製剤は、血液凝固第IX因子を抽出精製した血液製剤である。
  • 西ドイツの血友病患者でつくられている被害者同盟の間では、他の製薬会社五社がこれまでの未加熱処理の血液凝固因子製剤の在庫をたくさん抱えているため、その在庫の品を完売するまで薬事評議委に働きかけて三年間は加熱処理製剤を認可させないようにしたのだと云い合っています。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 薬害肝炎とは、血液凝固因子製剤の投与によるC型肝炎の感染被害のこと。
  • 一方で、1983年11月の加熱第VIII因子製剤の厚生省説明会で第I相試験は省略可能と説明されていたにもかかわらず、安部英は、開発が遅れていたミドリ十字に合わせるため、他の製薬会社に第I相試験を指示するなどして、第II相試験の着手を1984年3月まで遅らせるよう『調整』したとされる。
  • 原因は、ヒト免疫不全ウイルスに感染したと推定される外国の供血者からの血液を原料に製造された血液凝固因子製剤を、ウイルスの不活性化を行なわないままに流通させ、治療に使用したことである。
  • 現在までの、血漿由来製剤、また従来の遺伝子組み換え型の第VIII因子製剤は製造工程中にヒト、及び動物由来のタンパクが使用されているため理論上感染のリスクがゼロではない。
  • 当初は大半が凝固因子製剤による感染症例だった。
  • 本項では、「法」とはこの法律を、「施行規則」とはこの法律の施行規則である「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法施行規則」を指す。
  • 薬害エイズ事件とは、1980年代に、主に血友病患者に対し、加熱などでウイルスを不活性化しなかった血液凝固因子製剤を治療に使用したことにより、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件である。
  • 自己注射用の注射剤としてはインスリン製剤のほかにヒト成長ホルモン剤やヒト血液凝固因子製剤などがある。
  • その後、製剤の研究、開発も大幅に進み、現在では製造工程中に一切のヒト、及び動物由来のタンパクを使用しないことにより、それらに起因するウイルス、病原体による感染のリスクが無くなった新しい遺伝子組み換え型の血液凝固第VIII因子製剤が販売されている。
  • 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法は、2002年から始まった薬害肝炎訴訟を全面解決するために制定された日本の法律で、全18条から構成される。
  • C型肝炎ウイルスの混入の疑いがある特定のフィブリノゲン製剤および血液凝固第IX因子製剤の投与によってC型肝炎に感染した本人およびその相続人に対し、その症状に応じた給付金を支給する。
  • 血漿分画製剤は、手術や分娩などの際に大量出血したり、血友病患者で止血しない場合など緊急時の止血などに投与される血液凝固因子製剤と、熱傷などに伴う低アルブミン血症時などに用いるアルブミン製剤や、重篤な感染症などの治療に用いる免疫グロブリン製剤などがある。
  • 血液凝固因子製剤とは、ヒトの血液から血液凝固因子を抽出精製して製造される血液製剤のことである。

因子製剤 の使われ方