因子活性化

6 の用例 (0.00 秒)
  • 実際、分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ、特にその下位ファミリーである細胞外シグナル制御キナーゼは前期長期増強と後期長期増強を繋ぐ分子であるとされている。
  • 前期長期増強の際の分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼなどのプロテインキナーゼの持続的な活性化によって引き起こされた、遺伝子発現やタンパク質生合成の変化によって、後期長期増強は誘導される。
  • このうち血漿に部分トロンボプラスチン、カルシウムの他、カオリン、セライトまたはエラジン酸などの接触因子活性化物質を添加し、凝固時間を測定する。
  • キムらは、分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼキナーゼを標的とするメタロプロテアーゼ致死因子タンパク質を産生する炭疽菌が、なぜヒト好中球タンパク質1に弱いのかを示した。
  • それ以外の酵素として、プロテインキナーゼ Aや 分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼも前期長期増強の誘導に寄与している。
  • オーファン受容体はGタンパク質共役受容体やステロイド受容体のファミリーに多く存在し、Adopted Orphan Receptorとして肝臓X受容体、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体などが知られる。

因子活性化 の使われ方