因子分析

26 の用例 (0.00 秒)
  • 特に因子分析に関する研究で国際学術誌に数多くの業績を残している。
  • 因子分析モデルには回転の不定性と呼ばれる性質がある。
  • その他、SAS、SPSS等多くのソフトで因子分析を扱うことが出来る。
  • その一般性の高さから、音声認識、因子分析など、広汎な応用がある。
  • そのとき吉田が使ったのが、慶応の印東助教授の指導で学んだ計量心理学の因子分析法だった。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • アイゼンクはこのような人格の差異を認識するための分類を確立するために因子分析という統計的手法を使用した。
  • 因子分析法を用いて人格の研究も行った。
  • と説明する線形モデルが因子分析法である。
  • キャッテルの主な発見は因子分析法の使用による結晶性知能と流動性知能の発見である。
  • ただ彼の提案する7つの知能は彼の主観によるものであって、テストや因子分析による裏づけはなく、話題になっている割に学問的基礎は弱い。
  • 因子分析法を用いて知能の研究を行う。
  • 因子分析結果は、観測間の測定距離次第である。
  • 説明変数と被説明変数を区別しない分析法としては因子分析や対応分析、多次元尺度構成法等がある。
  • この特性は因子分析の1つの因子に類似している。
  • 吉田は、一見つかみどころのない音声と聴覚の関係を明らかにするには計量心理学の一つの手法である因子分析法を使うのがいちばん手っ取り早いと考えたわけだ。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • 開発者の小林らはSD法を用いて色相とトーンで分類された130色について心理調査を行い、SD法調査結果の平均値を因子分析することで、単色のイメージを評価する基準となる寄与率の上位となる以下の3つの因子軸を抽出した。
  • モデル式の形状などから主成分分析と混同されることもあるが、主成分分析は観測データから合成スコアを構築することが目的であるのに対し、因子分析は観測データが合成量であると仮定し、個々の構成要素を得ようとすることが目的であり、両者は因果関係を異にする。
  • 最近のウィスコンシンカード分類課題に関する因子分析によりこのような保続的な誤答の数は損傷を評価する上で最も良い計測指標であることが分かっている。
  • また統計学の分野でも因子分析の開拓者として、またスピアマンの順位相関係数の開発でも知られる。
  • また、このような因子分析やクラスター分析などのデータの潜在構造用のプローブは、通常小さいデータ集合で使用される双方向変量アプローチよりも、分析的アプローチとして有用であることが証明されている。
  • 次へ »