因子を持たない

23 の用例 (0.00 秒)
  • それまでに野外から採集されていた多くの系統はP因子を持たない。
  • 逆に、この性質を持ち、平方因子を持たない合成数はカーマイケル数である。
  • フェルマー数は平方因子を持たないと予想されているが、未だに解決されていない。
  • 環が整域であるとはが可換環で、零因子を持たないことを言う。
  • 数学の特に環論と呼ばれる抽象代数学の一分野における整域あるいは域とは、右または左零因子を持たない環のことを言う。
  • 整数環 Z は零因子を持たない単位的可換環ゆえに整域である。
  • 重要なことは、先ほどの非単位的かつ結合的な可換代数が畳み込み積に関する零因子を持たないことである。
  • 逆に有限次元の単位的結合多元環が多元環となる必要十分条件は、それが零因子を持たないことである。
  • また、bが平方因子を持たないという条件の下では、多冪数はこの形に一意的に表される。
  • イデアルが素であること、あるいは剰余環を考えれば同じことだが環が零因子を持たないことを示すことは、一般に非常に難しい問題である。
  • 商体の構成は、零因子を持たない任意の非自明な可換擬環という意味での整域に対して有効である。
  • 可換環 R が零因子を持たないならば、これを整域と呼ぶ。
  • R は零因子を持たない、少なくとも一つの非零元 e を持つ可換環という意味での整域とする。
  • この非単位的代数が畳み込み積に関する零因子を持たないことから、代数学において一般に商体と呼ばれる構成を行ってひとつの体が一意的に定義できる。
  • W'ボソンが関わる追加的なSU因子を持たない別のモデルは、いわゆる331モデルがある。
  • 結合的多元体は零因子を持たない。
  • 酸化酵素としては珍しく、金属イオンや有機補因子を持たない。
  • 予後不良因子を持たないくすぶり型と慢性型では化学療法がむしろ免疫不全を助長し、感染症合併の要因になるため、原則として経過観察とする。
  • しばしば自明でないことを仮定するが、域が乗法単位元を持つならば、この仮定は 1 ≠ 0 と同値であり、この場合の域は「左または右零因子を持たない非自明な環」のことになる。
  • 抽象代数学における整域は、零因子を持たない可換環であって、自明環 {0} でないものをいう。
  • 次へ »

因子を持たない の使われ方