因子と呼ば

23 の用例 (0.00 秒)
  • それらのmRNAをコードする遺伝子は母性効果因子と呼ばれる。
  • 環の零因子でない元は正則であるまたは非零因子と呼ばれる。
  • また動的構造因子のエネルギー積分のことを静的構造因子と呼ぶ。
  • 左または右零因子である元は単に零因子と呼ばれる。
  • このBのことを温度因子と呼ぶことも多い。
  • 左かつ右零因子である元 a は両側零因子と呼ばれる。
  • 中心が自明なフォン・ノイマン環は因子と呼ばれる。
  • 変化の原因として気候因子を捉えたとき、地球の気候システムの内部で起こる相互作用を内部因子、そのほかを外部因子と呼ぶ。
  • 有限位数の要素はセヴィリ因子と呼ばれ、双有理不変量であり位数がセヴィリ数と名付けられた有限群を形成する。
  • はローレンツ因子と呼ばれ、c は真空中の光速度を表す。
  • このとき、次の項をボルツマン因子と呼ぶ。
  • A のある 0 でない x に対して divの形の因子は主因子と呼ばれ、主因子は因子全体の群の部分群をなす。
  • この形の任意の因子を主因子と呼ぶ。
  • さらに幸運なことに1976年にはP因子と呼ばれるトランスポゾンが発見され、1982年頃からはそれまで細菌や酵母でしか行えなかった遺伝子導入が比較的容易に行えるようになった。
  • ここで であり、Sはホアン=リー因子と呼ばれる。
  • RNAポリメラーゼのような基本転写因子と呼ばれるタンパク質複合体や、特定の遺伝子座に結合しその遺伝子の発現を制御するもの、クロマチンの状態を維持または変化させるものなどがある。
  • 自然秩序の歪みをもたないはずの《地獄》に存在する魔法のため、「魔法は自然秩序の歪みに基づくものである」という魔法の原則を揺るがす存在であり、混沌因子と呼ばれている。
  • また、ショウジョウバエなどのGAGA因子と呼ばれるタンパク質はDNAに結合し、その周辺のクロマチン構造を変化させる。
  • 外毒素はそれぞれ、防御抗原、浮腫因子、致死因子と呼ばれている。
  • 細胞周期チェックポイントは、 などを監視しており、これらに異常が検知されると、チェックポイント制御因子と呼ばれる複数の分子群が活性化されて、細胞周期の進行を遅らせ、停止させる。
  • 次へ »

因子と呼ば の使われ方