回転

全て 名詞
24,385 の用例 (0.02 秒)
  • このとき私の頭のなかには友と神と女とがこんがらがって回転していた。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • などと思いながら彼女は目の球をクルリクルリと回転し続けていたのだ。 大槻ケンヂ『くるぐる使い』より引用
  • 外部に目撃者をおくとすると、研究室の回転を見破られるおそれがある。 甲賀三郎『蜘蛛』より引用
  • たしかにかれはもとめた返事をたらしく、また回転ドアをおして外へ出た。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 濁った悲鳴と共に一回転して男の身体は背中から甲板に叩きつけられた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 頭の中でグルグルと回転をやめない悩みから一時逃れたかっただけじゃ。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • 男が間合いに入った瞬間、左脚を軸にして、身体ごと右脚を回転させた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 2 出会いは嵐の予感』より引用
  • 床ノ間の前で一回転し、部屋の隅で室内の様子をうかがうが何事もない。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • 上から下へ、下から上へ体の回転とともに上下しながら回転している。 山際淳司『エンドレス・サマー』より引用
  • 同時にこの中心体は衝突によって激しい回転を生じているのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • その声は、古代のレコード盤をうんと回転数を落してかけたようだった。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 子供用自転車のチェーンの回転する音は、大人用のそれより短二度高い。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • そして死体の向きを百八十度回転させると頭から中に突き入れた。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 鍵の回転が進むにつれて、彼自身も鍵穴のまわりを踊るように回転した。 カフカ/川崎芳隆訳『変身』より引用
  • ボールの模様が見えるほど回転のないボールがゴール左隅に襲いかかる。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 形式は、回転翼が一つの単回転翼式と、二つの前後回転翼式に分けられる。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • 宇宙空間で物が瞬いて見えるとしたら、それは回転していると考えていい。 野尻抱介『クレギオン 4 サリバン家のお引越し』より引用
  • いや、実際に、祐子の頭の回転の早さには、僕はとてもついて行けない。 赤川次郎『死体は眠らない』より引用
  • 下着を元の場所に置き、そのまま身体を半回転するとテレビが目に入った。 鈴木光司『らせん』より引用
  • そこでおれは回転速度をおおよそ三時間に一回転としてテストをやってみた。 甲賀三郎『蜘蛛』より引用
  • 次へ »

回転 で始まる単語