回線

全て 名詞
3,680 の用例 (0.02 秒)
  • 太平洋とアメリカ大陸をまたぐ回線にも井崎の動揺がはっきりと伝わった。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 爆発により、貿易センターの電気系統や電話回線もすべて寸断された。
  • そして答えが返ってきたとき、回線は少し聞きやすくなっていた。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • ベースジャバーのパイロットを務める大尉が、接触回線ごしに口を挟む。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • STLとは、放送内容を演奏所から送信所へ送るための回線のことである。
  • この回線は1993年に全国の基幹局に一斉に整備されたものである。
  • 死人が電話をかけられたりしたら電話回線はとっくの昔にパンクしている。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 回線が切れたのかと思うほど待たされて、やっと陳志平の声が聞こえてきた。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • これが電話回線経由で遠隔から計算機を使った世界初の事例である。
  • メインのレーザー回線は開いているようなのだが、それも沈黙ちんもくをつづけていた。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅠ』より引用
  • 順子の返事も待たずに回線を変える音がし、新たな呼び出し音が鳴った。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • 多くは本部長・部長など幹部職員が本部や関係機関と連絡を取る為の専用回線として使用されていた。
  • かつてパソコン通信の時代には通信回線の制約からROMが問題視された。
  • 国際電話の回線が民間に割り当てられない以上、利用できる施設は限られる。 樋口有介『楽園』より引用
  • 接触回線が解け、通信ウインドの映像が切れてくれたのは幸いだった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 06 重力の井戸の底で』より引用
  • 接触回線特有の音の震えが、その声をより切迫したものにしていた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 電話をかける人間が一時的に急増したため、回線がパンクした地域もあった。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 私の中にああいう男性像に欲情する回線はあったのだろうか? 内田春菊『息子の唇』より引用
  • ブーベ島への電話は衛星回線に限られ、国際電話コードの割り当てはない。
  • さりとてどこかほかの郵便局を探しても回線事情は同じだろう。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • 次へ »