回線終端装置

22 の用例 (0.00 秒)
  • 電気通信事業者側の光回線終端装置である。
  • 加入者側について話していることが明らかな場合には、光回線終端装置とONUを同義語のように使うことが多い。
  • データ回線終端装置の一種であり、伝送路からのアナログ信号をデジタル信号に復調して受信する装置部分を特に言う。
  • ISDNの一次群速度インターフェースなどで使われる光回線終端装置のうち、2芯のものをいう。
  • 光回線終端装置は光ファイバーを電気信号に変換する装置であるが、この加入者網終端装置はデータ通信や通話などのサービスを提供する。
  • 転送フロー制御は、データ端末装置とデータ回線終端装置を経由した交換網との間で起きる場合と、2つのDTEの間で起きる場合がある。
  • UNIと呼ばれ、光回線終端装置やターミナルアダプタにあたる。
  • FTTHでは、光回線終端装置がUNIとなっている。
  • 基本的にはホストコンピュータや端末といった「データ端末装置」と、モデムなどの「データ回線終端装置」を繋ぐものとして設計されたが、パソコン同士の直接接続や、あらゆる周辺機器の接続用に広く使われた。
  • モデムは、デジタル変調、復調を行うデータ回線終端装置である。
  • なお、光回線、ISDN回線のデータ回線終端装置は、モデムと呼ばれることはない。
  • 今のところGE-PONを利用したサービスの多くは、各ユーザー側光回線終端装置から各ユーザーが共有している局終端装置までの回線のスループットが1Gbpsとなっているだけである。
  • モデムは、デジタル信号を伝送路の特性に合わせたアナログ信号にデジタル変調して送信するとともに、伝送路からのアナログ信号をデジタル信号に復調して受信する、データ回線終端装置の一種である。
  • 日本では一般的な基本速度TCM-ISDNはヨーロッパ・アジアの基本速度Euro-ISDNと加入者線インタフェースが異なるため、回線終端装置の互換性は無い。
  • DTEはデータ回線終端装置と通信する。
  • 伝送規格としてGPONを採用し、WAN側から光回線終端装置へ上り2Gbpsで提供する。
  • Bフレッツと比較するとIPv6に標準で対応し、加入者網終端装置が回線終端装置やVDSLモデムなどとは別個に提供される。
  • DCEはモデムを意味することが多いが、状況によっては加入者回線終端装置、光回線終端装置、ターミナルアダプタなどを指すこともある。
  • コスト削減のために、IPv4 over IPv6やインターネット接続に対応した新型の光回線終端装置一体型のひかり電話対応HGWの開発も検討されている。
  • 伝送路から伝送された信号を回線終端装置でS点インタフェースに変換し、超高速伝送の可能なルータ・G4 FAXなどのS点インタフェース機器を接続する。
  • 次へ »

回線終端装置 の使われ方