回線数

30 の用例 (0.00 秒)
  • 基本サービス・付加サービスともに回線数で積算される場合が多い。
  • 使用する周波数帯域が広いほど高速通信が可能で多重化回線数を多く出来る。
  • 通信衛星に搭載できるトラポンの数には限りがあり、SNGに使用できる回線数は少ない。
  • 回線数が増えたことから、車内公衆電話は2両に1箇所設置することが可能となった。
  • これは、着信側の回線数が決まっているためである。
  • 法令に定める通信を行うための必要最低限の回線数が、防災関係機関等に指定される。
  • 当初は、地表面経由でのマイクロ波中継が困難な場所でのみ限定的にSNGが使われていたが、通信衛星の回線数が増えたことなどにより、通信衛星経由での中継を選択することが増加している。
  • 以下に回線数の多いMAと少ないMAを載せた。
  • 代表例はi・ナンバーにて複数番号を利用していた場合でアナログ固定電話へ切り替えた後も回線数を維持する場合はダイヤルインを契約する、IP電話を契約するなどの追加費用が必要となる。
  • 例えば加入者階梯交換機として使われるD60には、トランクと呼ばれる装置が回線数分、接続されている。
  • 初期にはアクセスポイントによっては人口比などの理由で同時に接続できる回線数が少ないものがあり、繋がりにくい場合はあえて市外料金を払ってでも都市部のアクセスポイントへ繋ぐようなこともあった。
  • また、混信の恐れが少ない長所があるものの、回線数が多く取れないことや通話の信号対雑音比があまり良くないなどの短所がある。
  • 家族割引サービスに見られる回線数の上限はないが、同一グループ間の通話料割引や、無料通信を共有するなどの特典は有していない。
  • 基本料金割引は、個人向けの家族割引サービスに相当するもので、利用回線数に応じた割引率により基本料金の割引が受けられる。
  • 大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータ人数が多い大規模な施設を「コールセンター」と呼ぶことが多い。
  • つまり、1つの回線で使用する周波数帯域が小さく、多重化回線数が少ないほど長距離の無中継通信が可能となる。
  • VSAT単局当たりの回線数はDAMA型フルメッシュVSATシステムよりも多く取ることができる。
  • しかしながら、回線数は有限であるため、極端に輻輳が発生した場合においてはPDCと同様に「しばらくお待ちください」と表示されることもある。
  • 受信機〜感知器、発信機間の配線は回線数に応じて本数が増える。
  • ホストプログラムはKT-BBSを改造したもので、最盛時は回線数20回線であった。
  • 次へ »