回線契約

27 の用例 (0.00 秒)
  • これは回線契約が不要であるが、通信量に応じた受信料金が別途必要となる。
  • これに対しNTTドコモの場合は主回線契約者から三親等以内が対象である。
  • 新規契約とは、携帯電話・PHSを利用するために、回線契約を新しく結ぶことである。
  • 定額データプランは、通常の店頭での回線契約が必要で解約がなければ自動更新される。
  • これまで回線契約数の増加に伴い電話サポート体制を拡大してきたが、他社のようなキャリアショップ設置はなかった。
  • 最近はこうした目的での即解約を防ぐため、回線契約が結ばれていないとこれらの機能が使えないようにしている機種も多い。
  • 携帯電話・PHSにおける解約とは、携帯電話・PHSの回線契約を解除することである。
  • その代わり、東京電話とセット契約での通話料割引と複数回線契約時に無料通話分の共有が廃止された。
  • これに対して、有効な回線契約があり、番号が書き込まれている状態の端末を、黒ロムと呼ぶ。
  • 個人攻撃として迷惑電話があった場合に、電報電話局に相談して電話番号を変えてもらうという対応や、電話回線契約の付加サービスとして、特定の番号からの着信を拒否する各種迷惑電話撃退サービスが提供されている。
  • 当時の伝言ダイヤルは、「0170-」の番号を通常一般に公開していなかったため、ダイヤル回線契約の電話からの利用は基本的にできなかった。
  • これらはデジタルフォトフレームに3G無線通信モジュールを内蔵しており、携帯電話とは別に回線契約が必要となっている。
  • 機種変更とは、携帯電話・PHSの利用者が、現在の回線契約と電話番号を他の端末にそのまま引き継いで移し変える手続きのことである。
  • 回線契約はないため、日本通信が提供するイオンSIMの契約を端末購入時に同時に行うか、別途周波数帯域に対応したUIMカードを自分で用意するかのいずれかとなる。
  • その他の国では、回線契約と端末の分離により端末の価格が機能に比例することや、コンテンツサービスが発展途上であり必ずしも高機能な端末が必要とされないことなどから、安価で基本的な機能の端末にも根強い人気がある。
  • しかし当時、NTTはプッシュ式公衆電話・プッシュ回線契約電話・ISDN回線契約電話専用のサービスとして提供しており、ダイヤル回線契約の電話からの利用はサービス対象には含まれていなかった。
  • また、3G/WiFiモデルで3G回線契約を行うかどうかは強制ではなくユーザーの自由である。
  • 家族まるごとMNPを利用して他事業者に引っ越しした場合、集約すべき主回線契約がなくなるため無限ループに陥ったと説明された。
  • 回線契約を解除すると、SIMカードは回収され、SIMカードを使わない端末は白ロムとなる。
  • 宛先ISPがIP25Bを導入している場合、送信元の独自ドメインメールサーバが接続されている回線契約を固定IPアドレスの契約に変更しない限り、対処方法はない。
  • 次へ »

回線契約 の使われ方