回線使用料

16 の用例 (0.00 秒)
  • ラジオ局が放送している緊急地震速報を利用することで、情報受信料や特定の回線使用料が不要である。
  • 電話番号を管理する交換機のみの改修でサービス可能であるが、冗長な接続経路となるため、回線使用料が高くなる場合が多い。
  • ちなみに当放送はHTBの札幌地区以外の地域と時差放送されるCS放送の朝日ニュースターでは中継回線使用料や放送設備の都合など諸般の事情で実施されなかった。
  • 理由としては、放送回線の設備や回線使用料の都合、さらには冬季における中継施設の維持にコストがかかるといった問題が挙げられる。
  • 従来方式ではほぼ前機種の利用期間のみで新端末の価格が決まるのに対し、新スーパーボーナスでは購入後の回線使用料と新端末の利用期間によって実質的な価格が決まることになる。
  • 最適化された接続経路となるため、回線使用料が安くなる。
  • これは前述のとおりネットワークがまだまだ低速であったことのほか、常時接続環境がまだ普及しておらず、ダウンロード時間が長時間に及ぶことで回線使用料がかさむのを避けるという面においても有用であった。
  • これは日本電信電話公社の中継回線使用料が割高だったためで、その節約のための苦肉の策であった。
  • 北海道は放送区域が広大なため多くの中継施設を要することから、全ての中継施設をAMステレオ放送に対応させるとステレオ放送対応施設の維持・更新にかかるコストが更に増大することに加え、道内各放送局・中継局への中継回線使用料が高額な事情もあり、札幌放送局のみで実施していた。
  • また通信衛星の打ち上げや維持管理等には莫大な費用がかかり、これを利用する放送会社は「回線使用料」としてかなりの経済的負担を強いられることになるため、1社が単独でその回線を長時間、占有使用するのには不向きである。
  • これは、放送回線のデジタル化移行による回線使用料などの大幅なコスト削減と、同年10月1日以降、地上デジタル放送の基幹送信所・中継局が順次開設されるようになったためである。
  • しかし、この運用を開始して程なく、NTTがデジタル回線の回線使用料を固定化したことにより、コスト削減のメリットがなくなってしまい、他県の系列局にマスターが存在するというデメリットのみが残ってしまった。
  • 一方、NHKについては開始当初はアナログ回線使用料は高額であったものの事前に予算を組んでいたことや2004年にNTT中継回線は全国回線・道内回線ともにデジタル回線に移行され、回線使用料はアナログ回線に比べ安くなっているため北海道内全域でもアナログ・デジタルとも実施されていて受信可能となっている。
  • ナンバーディスプレイ・モデムダイヤルイン・ISDN・i・ナンバー・IP電話回線などのサービスが提供される以前に設計されたものの場合、それぞれ外部アダプター対応となり、機能制限される、毎月の回線使用料・レンタル料がかさむ場合がある。
  • 当初道東での開局の可否はTVhが北海道総合通信網へ支払う回線使用料次第とされていたが、先述の通り2011年8月から11月にかけて網走・帯広・北見・釧路の4か所にデジタル新局として送信所・中継局を開局させ、釧路では一足先に開局した。
  • また企業では構内交換機が比較的高価になるが「INSネット1500」1回線で23本、「INSネット64」1回線で2本の電話回線が取れることからアナログ電話回線を多数引き込むよりも電話加入権や毎月の回線使用料が安くなるため、多数の外線電話を束ねる用途でも普及していた。