回線交換方式

15 の用例 (0.00 秒)
  • 回線交換方式の通信に対応しているため、テレビ電話が利用できる。
  • 回線交換方式の場合、接続時間と通信地点間距離とで課金される。
  • ATMは回線交換方式とパケット方式両方の長所を取り入れている。
  • 利用上は、有線区間が固定電話回線に依拠するため、無線区間も含めて回線交換方式を基本とする。
  • PIAFSは基本的に回線交換方式であり日本国内および国際的にも各PHS事業者で共通事項が多く、互換性も高い。
  • 双方向通信機能を生かす形で、プロバイダ事業・回線交換方式電話・IP電話事業を行っている事業者もある。
  • 回線交換方式EZwebに対応している。
  • 回線交換方式で行われる。
  • 受信時には当初から回線交換方式が用いられ、EZwebメール受信時のトリガーともなる。
  • 前述した最高64kbpsの回線交換方式のデータ通信も併せ、パソコンやPDAとの接続でのモバイルデータ通信定額制が可能であることを強みに携帯電話との差別化に成功した。
  • どちらも動画配信という面では差異は無いが、回線交換方式によるテレビ電話通信を利用するVライブに対して、iモーションはIP接続でベストエフォート方式によるパケット通信である。
  • ただし、パソコンと接続してのデータ通信やFAX送受信は、パケット交換方式の高速データ通信ができないため経由ではできないものの、2005年9月以前の機種やA5527SAなどFAXや回線交換方式に対応した機種でなどの通信機器を用いれば利用できる。
  • また、2005年10月以降の機種ではめずらしく回線交換方式のデータ通信やFAX送受信などの機能も搭載し、さらにCDMAぷりペイドにも対応している。
  • 上述の通り、iショットメール送信時は、iモードメールのパケット通信方式による接続ではなく、回線交換方式によるデータ通信となっており、FOMAとは異なり、通信時間に応じて従量課金される。
  • これは実際には「iショットセンター」へ回線交換方式で送信されることになり、これを受信したiショットセンターは本来の送信先へ「iショットメール」としてメール本文とURLを通知する。