回線交換

67 の用例 (0.00 秒)
  • 回線交換方式の通信に対応しているため、テレビ電話が利用できる。
  • 回線交換方式の場合、接続時間と通信地点間距離とで課金される。
  • 仮想回線通信は回線交換と似ており、どちらもコネクション指向である。
  • movaはもともと回線交換網とパケット通信網が分離されているため同様の制限は可能である。
  • 回線交換の場合次のような動作が行われる。
  • テレビ電話は回線交換通信であり、データ通信料金のみで通話することができた。
  • IMS側から公衆交換電話網や公衆移動体網などの回線交換網の電話に発呼する場合のみ使われる。
  • GSMでは、MSCが全ての回線交換操作を制御していた。
  • ウェスティングハウスはガスの供給や電話の回線交換への関心を持っており、そこから必然的に電力供給システムへの関心を持つに至った。
  • 上記手順では電話会社の提供する公衆回線交換網を利用することが前提となっているが、近年ではインターネットを利用した電子データ交換の利用が進展している。
  • データ通信の種類で言うと回線交換接続に属する。
  • 加入者線、いわゆる電話線を直接接続し、回線交換を制御する交換機であり、交換網の最下層に相当する。
  • ATMは回線交換方式とパケット方式両方の長所を取り入れている。
  • 利用上は、有線区間が固定電話回線に依拠するため、無線区間も含めて回線交換方式を基本とする。
  • GPRSではデータレートが拡大され、回線交換というよりむしろパケット交換に近いものになっている。
  • パケット交換が登場する以前、音声通信やデータ通信は回線交換が基本であり、電話の回線網のように電話をかけるたびに通信局から通信局まで専用の電気的接続がなされていた。
  • Lモードや公衆電話によるデータ通信と同様に回線交換式のため、携帯電話と比べて通信料が高額になることがある。
  • PIAFSは基本的に回線交換方式であり日本国内および国際的にも各PHS事業者で共通事項が多く、互換性も高い。
  • 中継映像やサーバに保存された動画コンテンツの視聴を回線交換の64kデータ通信で行う。
  • 双方向通信機能を生かす形で、プロバイダ事業・回線交換方式電話・IP電話事業を行っている事業者もある。
  • 次へ »